WORKSHOP NEWS

2016-11-09 更新

【第13期】アップリンク・ムービー制作ワークショップ 参加者募集中

mix.jpg

【第13期】アップリンク・ムービー制作ワークショップ参加者募集中

参加者が映画を制作していくプロセスを「シェア」する形で進めます。技術を教える映画学校は、デジタル技術の進歩で終わりました。

機材の使用方法を覚える方法は楽器の演奏方法を覚えるのと同じで、とにかく撮って編集すれば誰でも上達します。あとは何をどう撮るかです。そのことをこのワークショップでは追求していきます。
ビデオカメラや一眼レフのカメラ、そしてiPhoneなどのスマートフォンの"REC"ボタンを押すだけで映像は写せ、どう撮れているからはモニターで撮りながらチェックできます。そこに撮影の秘密は何もありません。デジタルでの映像制作は楽器と同じように、いかに機器に長く触れ、練習をしたかだけです。
このワークショップには、初めてカメラを触る人から、自主映画を撮ったことがある人、テレビ局で働いている人までが参加しています。どうして技術のスキルの違う人が同じワークショップに参加しているかというと、技術よりも何を撮るかという企画と実行力の方が大切な時代になったからです。「技術がないから」「お金がないから」は映画製作の障害では全くなくなったのです。ポストデジタル時代の映像制作のワークショップが"アップリンク・ムービー制作ワークショップ"です。

浅井隆(アップリンク代表)



概要

■ 期間:2017年2月21日(火)~2017年7月11日(火)※予定
 * 隔週火曜日、全11回 ※ 事前告知による日程変更有。
   2月21日/3月7日/3月21日/4月4日/4月18日/5月2日/
   5月16日/5月30日/6月13日/6月27日/7月11日
 * 全11回のうち2回はゲスト講師をお招きしてのトーク+懇親会を予定しております。
■ 時間: 19:30 - 21:30
■ 会場: 渋谷UPLINK FACTORY(東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1F)
■ 参加料:【新規】45,360円(税込) 【継続】23,760円(税込)
 * お支払いは現金/クレジット一括のみ。分割/リボ払いは後からご自身で設定してください。
■ ナビゲーター: 浅井隆(アップリンク代表)


特典

■ 会期中のアップリンク上映作品を自由に鑑賞できるパスポート進呈
 ※ 公開初週の土日/イベント開催時は除く
■ アップリンク作品のDVD2タイトル進呈
■ アップリンク発売のDVD30%特別割引販売


お申込み

参加希望の方は、必要事項をご記入の上、メールにてお申し込みください。

■ 必要事項
(1)新規/継続
(2)名前(フリガナ)
(3)生年月日
(4)郵便番号・住所
(5)電話番号 自宅/携帯
(6)学校名・勤務先
(7)支払い方法 現金/クレジット
 ※ クレジットは一括のみ。分割/リボ払いは後からご自身で設定してください。
(8)ビデオカメラを持っているか? YES/NO
(9)パソコンを持っているか? YES/NO
(10)使用しているソフト
(11)映像制作経験の有無
(12)ワークショップに期待すること

■ 申込メールアドレス: dmw@uplink.co.jp
■ 申込締切: 2017年2月10日(金)


説明会

「いきなり申し込むには不安がある」という方のために、ワークショップ説明会を開催します。
予約も不要ですので、お気軽にご参加ください。

<日時>
① 2017年1月17日(火)19:30-20:30
② 2017年1月26日(木)19:30-20:30
③ 2017年2月3日(金)19:30-20:30
④ 2017年2月8日(水)19:30-20:30

<会場> UPLINK 2Fスペース(東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル2F)


その他、ムービー制作ワークショップに関するお問い合わせは
下記までご連絡をお願いいたします。

【TEL】03-6821-6821(受付時間/平日10:00~18:30)
【メール】dmw@uplink.co.jp
【担当】清水(しみず)


2016-10-20 更新

【第36期】配給サポート・ワークショップ 参加者募集中

DSC03338.JPG

【第36期】配給サポート・ワークショップ 参加者募集中

映画の配給とは、世界の異なる文化と価値観を知り伝える仕事。買い付けからネット配信まで、映画ビジネスのリアルを知る事ができます。

インターネット時代に世界の事を知るすべはいくつもありますが、映画というメディアは、人の心の内や、言葉にできない感情を描き、複雑で不可解な事象で成り立っている現実をキャプチャできる一番のメディアだと思います。このワークショップでは、そのような映画を何処でどうやって見つけ、買い付け、契約をするのか。そしてどのような宣伝をして観客にみてもらい、全国の映画館で上映するのか。また映画館での上映後、DVDやテレビ、インターネットで配給会社はどのようなビジネスを行っているのかなど、具体的にアップリンクで配給する作品をケーススタディとしてワークショップを行います。映画業界に興味のある方、スクリーンの裏側を知りたい方、映像ビジネスに関わっている方、映画関係の仕事に就きたい学生の方などの参加をお待ちしています。

浅井隆(アップリンク代表)

[写真:第35期講座より、Qetic株式会社(ケティック)代表 宍戸麻美さんをゲストに迎えて]

映画の買付価格のほか、DVDの売上、興行成績等をできるだけオープンにして、数字から見えてくる現在の日本映画業界の現状を、参加者の皆さんと共に考えたいと思います。映画配給の裏側を具体的に知ることができ、映画業界への就職・転職の参考になるはずです。

【webDICE】アップリンク主催の配給ワークショップから生まれた"北欧映画"の祭典『トーキョーノーザンライツフェスティバル 2012』 (2011-01-23)

【webDICE】「野外映画フェス」という新たなイベントを創り出し、映画の可能性を拡張する (2014-12-11)


配給作品2017.jpg

アップリンク2017年配給作品

【左】......『サクロモンテの丘~ロマの洞窟フラメンコ』(監督:チュス・グティエレス)
【中央】......『作家、いつわりのJ.T.リロイ』(監督:ジェフ・フォイヤージーグ)
【右】......『エンドレス・ポエトリー』(監督:アレハンドロ・ホドロフスキー)


概要

■ 期間:2017年3月2日(木)~2017年8月3日(木)
 * 隔週木曜日、全12回 ※ 事前告知による日程変更あり。
   3月2日/3月16日/3月30日/4月13日/4月27日/5月11日/5月25日/6月8日/6月22日/
   7月6日/7月20日/8月3日
 * 全12回のうち3回はゲスト講師をお招きしてのトーク+懇親会を予定しております。
■ 時間:19:30~21:30
■ 会場:UPLINK FACTORY(東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル)
■ 定員:50名
 * 年齢や経験は問いません。定員に達し次第、募集を締め切ります。
■ 参加料:【新規】68,040円(税込) 【継続】35,640円(税込)
 * お支払いは現金/クレジット一括のみ。分割/リボ払いは後からご自身で設定してください。
■ ナビゲーター:浅井隆(アップリンク代表)



特典

■ 会期中のアップリンク上映作品を自由に鑑賞できるパスポート進呈
 ※ 公開初週の土日/イベント開催時は除く
■ ワークショップ期間中の劇場公開作品パンフレット各1冊
■ アップリンク作品のDVD4タイトル、アップリンク出版の書籍2冊進呈
■ アップリンク発売のDVD30%特別割引販売


カリキュラム内容

■ 映画祭とは、マーケットとは?
■ 契約の条件とは? いくらで映画が買えるのか?
■ 映倫とは? いわゆるボカシとは?
■ 翻訳はどうやって行われるのか?
■ どのように映画の上映館を決定するのか?
■ 宣伝費はいくらかけるのか?
■ 試写会は誰に観てもらうのか、その効果は?
■ ポスター・チラシのデザインはどのように決めていくのか?
■ 映画館での実際の興行の数字は?
■ DVD販売の実数は?
■ インターネットでの動画配信はビジネスとして成り立つのか?
■ アート・フィルム配給に未来はあるのか?


お申込み

参加希望の方は、必要事項をご記入のうえメールにてお申し込みください。

■ 必要事項
(1)新規/継続
(2)名前(ふりがな)
(3)電話番号
(4)ワークショップに期待すること

■ 申込メールアドレス: hsw@uplink.co.jp(担当:崔)
■ 申込締切:2017年2月17日(火)


説明会

「いきなり申し込むには不安がある」という方のために、ワークショップ説明会を開催します。
予約も不要ですので、お気軽にご参加ください。

<日時>
① 2017年1月17日(火)19:30-20:30
② 2017年1月26日(木)19:30-20:30
③ 2017年2月3日(金)19:30-20:30
④ 2017年2月8日(水)19:30-20:30

<会場> UPLINK 2Fスペース(東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル2F)


その他、配給サポートワークショップに関するお問い合わせは
下記までお願いいたします。

【TEL】03-6821-6821(受付時間/平日10:00~18:30)
【メール】hsw@uplink.co.jp
【担当】崔(ちぇ)


2016-07-25 更新

【受付終了】配給サポート夏季2日間ワークショップ

『シーモアさんと、大人のための人生入門』

アップリンク・配給サポート夏季2日間ワークショップ参加者募集中

イーサン・ホーク監督『シーモアさんと、大人のための人生入門』が劇場公開されるまでの配給会社の仕事の全てをお教えします。

2015年のベルリン国際映画祭で買付を行った『シーモアさんと、大人のための人生入門』、今秋シネスイッチ銀座とアップリンク他で公開します。配給のビジネス的側面、いくらで映画は買えるのか、宣伝費は、配給収入の予測は、など具体的な数字から1本の映画作品の配給の全てを知ることができます。また『シーモアさんと、大人のための人生入門』本編を上映、参加者で新しい宣伝の方法を考えるワークショップを行い、実際の宣伝配給のサポートとして参考にしたいと思います。


アップリンク・配給サポート夏季2日間ワークショップ
■ 期間:2016年8月16日(火)、23日(火)[2日間通してのワークショップとなります]
■ 時間:19:00-22:30
■ 定員:58名
■ 上映作品:『シーモアさんと、大人のための人生入門』(2014年/アメリカ/81分)
■ 会場:渋谷UPLINK FACTORY(東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1F)
■ 参加料:一般5,800円 学生4,000円(税込・2日間通し)


(写真:『シーモアさんと、大人のための人生入門』より)


〈お問い合わせ〉
【TEL】03-6821-6821(受付時間/平日10:30-18:00) hsw@uplink.co.jp


お申込み


参加希望の方は、下記よりお申し込みください。
http://peatix.com/event/187104



9月1日(木)よりスタートする第35期 配給サポート・ワークショップのお申し込みはこちら


2016-06-20 更新

【受付終了】第35期 配給サポート・ワークショップ

hsw-g.JPG

【第35期】配給サポート・ワークショップ 参加者募集中

映画の配給とは、世界の異なる文化と価値観を知り伝える仕事。買い付けからネット配信まで、映画ビジネスのリアルを知る事ができます。

インターネット時代に世界の事を知るすべはいくつもありますが、映画というメディアは、人の心の内や、言葉にできない感情を描き、複雑で不可解な事象で成り立っている現実をキャプチャできる一番のメディアだと思います。このワークショップでは、そのような映画を何処でどうやって見つけ、買い付け、契約をするのか。そしてどのような宣伝をして観客にみてもらい、全国の映画館で上映するのか。また映画館での上映後、DVDやテレビ、インターネットで配給会社はどのようなビジネスを行っているのかなど、具体的にアップリンクで配給する作品をケーススタディとしてワークショップを行います。映画業界に興味のある方、スクリーンの裏側を知りたい方、映像ビジネスに関わっている方、映画関係の仕事に就きたい学生の方などの参加をお待ちしています。

浅井隆(アップリンク代表)

[写真:第34期講座より、映画の配給・宣伝『テレザとサニー』大竹久美子さん(中央)、有田浩介さん(左)をゲストに迎えて]

映画の買付価格のほか、DVDの売上、興行成績等をできるだけオープンにして、数字から見えてくる現在の日本映画業界の現状を、参加者の皆さんと共に考えたいと思います。映画配給の裏側を具体的に知ることができ、映画業界への就職・転職の参考になるはずです。

【webDICE】アップリンク主催の配給ワークショップから生まれた"北欧映画"の祭典『トーキョーノーザンライツフェスティバル 2012』 (2011-01-23)

【webDICE】「野外映画フェス」という新たなイベントを創り出し、映画の可能性を拡張する (2014-12-11)

無題.png

アップリンク2016年配給予定作品

【左】......『聖なる呼吸:ヨガのルーツに出会う旅』(監督:ヤン・シュミット=ガレ)
【中央】......『シーモアさんと、大人のための人生入門』(監督:イーサン・ホーク)
【右】......『エヴォリューション』(監督:ルシール・アザリロヴィック)


概要

■ 期間:2016年9月1日(木)~2017年2月16日(木)
 * 隔週木曜日、全12回 ※ 事前告知による日程変更あり。
 * 全12回のうち3回はゲスト講師をお招きしてのトーク+懇親会を予定しております。
■ 時間:19:30~21:30
■ 会場:UPLINK FACTORY(東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル)
■ 定員:58名
 * 年齢や経験は問いません。定員に達し次第、募集を締め切ります。
■ 参加料:【新規】68,040円(税込) 【継続】35,640円(税込)
 * お支払いは現金/クレジット一括のみ。分割/リボ払いは後からご自身で設定してください。
■ ナビゲーター:浅井隆(アップリンク代表)


特典

■ 会期中のアップリンク上映作品を自由に鑑賞できるパスポート進呈
 ※ 公開初週の土日/イベント開催時は除く
■ ワークショップ期間中の劇場公開作品パンフレット各1冊
■ アップリンク作品のDVD4タイトル、アップリンク出版の書籍2冊進呈
■ アップリンク発売のDVD30%特別割引販売


カリキュラム内容

■ 映画祭とは、マーケットとは?
■ 契約の条件とは? いくらで映画が買えるのか?
■ 映倫とは? いわゆるボカシとは?
■ 翻訳はどうやって行われるのか?
■ どのように映画の上映館を決定するのか?
■ 宣伝費はいくらかけるのか?
■ 試写会は誰に観てもらうのか、その効果は?
■ ポスター・チラシのデザインはどのように決めていくのか?
■ 映画館での実際の興行の数字は?
■ DVD販売の実数は?
■ インターネットでの動画配信はビジネスとして成り立つのか?
■ アート・フィルム配給に未来はあるのか?


お申込み

参加希望の方は、必要事項をご記入のうえメールにてお申し込みください。

■ 必要事項
(1)新規/継続
(2)名前(ふりがな)
(3)電話番号
(4)ワークショップに期待すること

■ 申込メールアドレス: hsw@uplink.co.jp(担当:代田)
■ 申込締切: 2016年8月23日(火)
       2016年8月26日(金)※申込み締切が延長となりました


説明会

「いきなり申し込むには不安がある」という方のために、ワークショップ説明会を開催します。
予約も不要ですので、お気軽にご参加ください。

<日時>
① 2016年8月2日(火)19:30-20:30
② 2016年8月9日(火)19:30-20:30
③ 2016年8月17日(水)19:30-20:30
④ 2016年8月22日(月)19:30-20:30 今期の説明会は終了しました。

<会場> UPLINK 2Fスペース(東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル2F)


その他、配給サポートワークショップに関するお問い合わせは
下記までお願いいたします。

【TEL】03-6821-6821(受付時間/平日10:00~18:30)
【メール】hsw@uplink.co.jp
【担当】代田(しろた)


2016-06-17 更新

【受付終了】第12期 アップリンク・ムービー制作ワークショップ

mix.jpg

【第12期】アップリンク・ムービー制作ワークショップ参加者募集中

参加者が映画を制作していくプロセスを「シェア」する形で進めます。技術を教える映画学校は、デジタル技術の進歩で終わりました。

機材の使用方法を覚える方法は楽器の演奏方法を覚えるのと同じで、とにかく撮って編集すれば誰でも上達します。あとは何をどう撮るかです。そのことをこのワークショップでは追求していきます。
ビデオカメラや一眼レフのカメラ、そしてiPhoneなどのスマートフォンの"REC"ボタンを押すだけで映像は写せ、どう撮れているからはモニターで撮りながらチェックできます。そこに撮影の秘密は何もありません。デジタルでの映像制作は楽器と同じように、いかに機器に長く触れ、練習をしたかだけです。
このワークショップには、初めてカメラを触る人から、自主映画を撮ったことがある人、テレビ局で働いている人までが参加しています。どうして技術のスキルの違う人が同じワークショップに参加しているかというと、技術よりも何を撮るかという企画と実行力の方が大切な時代になったからです。「技術がないから」「お金がないから」は映画製作の障害では全くなくなったのです。ポストデジタル時代の映像制作のワークショップが"アップリンク・ムービー制作ワークショップ"です。

浅井隆(アップリンク代表)



概要

■ 期間: 2016年9月6日(火)~2017年1月24日(火)※予定
 * 隔週火曜日、全10回 ※ 事前告知による日程変更有。
 * 全10回のうち2回はゲスト講師をお招きしてのトーク+懇親会を予定しております。
■ 時間: 19:30 - 21:30
■ 会場: 渋谷UPLINK FACTORY(東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1F)
■ 参加料:【新規】41,040円(税込) 【継続】21,600円(税込)
 * お支払いは現金/クレジット一括のみ。分割/リボ払いは後からご自身で設定してください。
■ ナビゲーター: 浅井隆(アップリンク代表)


特典

■ 会期中のアップリンク上映作品を自由に鑑賞できるパスポート進呈
 ※ 公開初週の土日/イベント開催時は除く
■ アップリンク作品のDVD2タイトル進呈
■ アップリンク発売のDVD30%特別割引販売


お申込み

参加希望の方は、必要事項をご記入の上、メールにてお申し込みください。

■ 必要事項
(1)新規/継続
(2)名前(フリガナ)
(3)生年月日
(4)郵便番号・住所
(5)電話番号 自宅/携帯
(6)学校名・勤務先
(7)支払い方法 現金/クレジット
 ※ クレジットは一括のみ。分割/リボ払いは後からご自身で設定してください。
(8)ビデオカメラを持っているか? YES/NO
(9)パソコンを持っているか? YES/NO
(10)使用しているソフト
(11)映像制作経験の有無
(12)ワークショップに期待すること

■ 申込メールアドレス: dmw@uplink.co.jp
■ 申込締切: 2016年8月31日(水) ※申込締切が延長となりました。


説明会

「いきなり申し込むには不安がある」という方のために、ワークショップ説明会を開催します。
予約も不要ですので、お気軽にご参加ください。

<日時>
① 2016年8月2日(火)19:30-20:30
② 2016年8月9日(火)19:30-20:30
③ 2016年8月17日(水)19:30-20:30
④ 2016年8月22日(月)19:30-20:30 今期の説明会は終了しました。

<会場> UPLINK 2Fスペース(東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル2F)


その他、ムービー制作ワークショップに関するお問い合わせは
下記までご連絡をお願いいたします。

【TEL】03-6821-6821(受付時間/平日10:00~18:30)
【メール】dmw@uplink.co.jp
【担当】池田(いけだ)


2016-05-18 更新

7/5(火)アップリンク・ムービー制作ワークショップ上映会

mix.jpg

2016年2月から行われている「第11期 ムービー制作ワークショップ」参加者による映像作品の上映会です。

「ドキュメンタリー制作上映ワークショップ」として2011年よりスタート、2014年11月から「ムービー制作ワークショップ」として行われているこのワークショップは、映像制作においてまず「何を撮りたいのか」その考え方を突き詰める場として行われてきました。参加者全員が監督であり、参加者の作品にアドバイスするスタッフの一人として、約5ヵ月にわたり制作のプロセスを参加者で「シェア」しながら進めています。

ドキュメンタリー、フィクション、短編、中編など、全10回のワークショップを通して完成した16作品を一挙上映します。
これから映像制作に取り組んでみたい方、ぜひお越しください。


アップリンク・ムービー制作ワークショップ上映会
日程:2016年7月5日(火)18:50開場 19:00開演
会場:渋谷UPLINK 1F FACTORY
料金:500円(1ドリンク付)

ご予約は下記より。
http://www.uplink.co.jp/event/2016/44461


◆ 上映作品(順不同)

『私が日本にいる理由×手織工房Jota』 監督:王識涵
私が日本にいる理由(わん).jpg


『劇場版 CATS(キャッツ)』 監督:干場亘
hoshiba.jpg


『私は総理大臣・アベノMIX』監督:小林義郎
小林義郎私は総理大臣アベノMIX.png


『わたしがうまれたときに』監督:村上未知
image1.JPG


『悲しみを喜びに変えて フィリピン ダバオ』監督:イクゾ気合
6.jpg


『Gemini』監督:隈上英征
image1.jpg


『コーヒー風景 イタリア編』『祈りの形』監督:古郡美はる
IMG_9726.JPG

IMG_9699.JPG


『夏の葬列』監督:逢坂泰靖
natsuno_001.jpg


『Water』監督:松田明子
matsuda.JPG


『同じ夢』監督:岩本剛
onajiyume.jpeg


『おかあさん、今日の夕飯なーに?』監督:八幡名子
八幡_おかあさん今日の夕飯なあに.jpegのサムネイル画像


『ノック』監督:神藏美子
C0005T01.jpeg


『漆をつなぐひと』監督:飯坂大
_75D2666 1.jpg

『Doggy Story』監督:岩城知子
『孤独じゃないグルメ』監督:野辺五月
『マクルーベ』監督:寺脇加恵


2016-01-13 更新

2/16(火)アップリンク・ムービー制作ワークショップ上映会

dmw-web.jpg


2015年9月から行われている「ムービー制作ワークショップ」参加者による映像作品の上映会です。

「ドキュメンタリー制作上映ワークショップ」として2011年よりスタート、2014年11月から「ムービー制作ワークショップ」として行われているこのワークショップは、映像制作においてまず「何を撮りたいのか」その考え方を突き詰める場として行われてきました。参加者全員が監督であり、参加者の作品にアドバイスするスタッフの一人として、約5ヵ月にわたり制作のプロセスを参加者で「シェア」しながら進めています。

ドキュメンタリー、フィクション、短編、中編など、全10回のワークショップを通して完成した16作品を一挙上映します。
これから映像制作に取り組んでみたい方、ぜひお越しください。


アップリンク・ムービー制作ワークショップ上映会
日程:2016年2月16日(火)18:50開場 19:00開演
会場:渋谷UPLINK 1F FACTORY
料金:500円(1ドリンク付)

ご予約は下記より。
http://www.uplink.co.jp/event/2016/42316


◆ 上映作品(上映順)

『美しい人―山口県山陽小野田市非公認移住チャンネル』 監督:村上未知

美しい人


『CLOSET』 監督:野辺五月

CLOSET


『イカリン星人達の送別会』 監督:逢坂泰精

イカリン星人達の送別会


『ただいま、横浜』 監督:王識涵

ただいま、横浜


『[PV]ドリマ協会のリトリートinモンゴル』 監督:松村直人

リトリートツアー in モンゴル


『古岸の蛍』 監督:大槻圭紀

古岸の蛍


『街角』(短縮版) 監督:草野康太

街角


『ミカサをプロデュース』 監督:小笠原賢一

untitled


『僕の好きな海』 監督:干場亘

僕の好きな海


『拝啓今、私は人間魚雷 回天の中です』 監督:イクゾ気合

拝啓今、私は人間魚雷 回天の中です


『不発コーン』 監督:嶋香織

不発コーン


『迷路』 監督:小野美和

迷路


『祈りとは? What is a Prayer?』 監督:古郡美はる

祈りとは?


『Great Himalaya Trail Project』 監督:飯坂大

Great Himalaya Trail Project


『オとセとロ』(10分ver.) 監督:住本尚子

オとセとロ


『焚火』 監督:隈上英征

焚火


2015-12-23 更新

【受付終了】第11期 アップリンク・ムービー制作ワークショップ

dmw-web.jpg

【第11期】アップリンク・ムービー制作ワークショップ参加者募集中

参加者が映画を制作していくプロセスを「シェア」する形で進めます。技術を教える映画学校は、デジタル技術の進歩で終わりました。

機材の使用方法を覚える方法は楽器の演奏方法を覚えるのと同じで、とにかく撮って編集すれば誰でも上達します。あとは何をどう撮るかです。そのことをこのワークショップでは追求していきます。
ビデオカメラや一眼レフのカメラ、そしてiPhoneなどのスマートフォンの"REC"ボタンを押すだけで映像は写せ、どう撮れているからはモニターで撮りながらチェックできます。そこに撮影の秘密は何もありません。デジタルでの映像制作は楽器と同じように、いかに機器に長く触れ、練習をしたかだけです。
このワークショップには、初めてカメラを触る人から、自主映画を撮ったことがある人、テレビ局で働いている人までが参加しています。どうして技術のスキルの違う人が同じワークショップに参加しているかというと、技術よりも何を撮るかという企画と実行力の方が大切な時代になったからです。「技術がないから」「お金がないから」は映画製作の障害では全くなくなったのです。ポストデジタル時代の映像制作のワークショップが"アップリンク・ムービー制作ワークショップ"です。

浅井隆(アップリンク代表)


概要

■ 期間: 2016年2月23日(火)~2016年6月28日(火)
 * 隔週火曜日、全10回[第6回は火曜祝日のため5月2日(月)]※ 事前告知による日程変更有。
 * 全10回のうち2回はゲスト講師をお招きしてのトーク+懇親会を予定しております。
■ 時間: 19:30~21:30
■ 会場: 渋谷UPLINK FACTORY(東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1F)
■ 参加料:【新規】41,040円(税込) 【継続】21,600円(税込)
 * お支払いは現金/クレジット一括のみ。分割/リボ払いは後からご自身で設定してください。
■ ナビゲーター: 浅井隆(アップリンク代表)


特典

■ 会期中のアップリンク上映作品を自由に鑑賞できるパスポート進呈
 ※ 公開初週の土日/イベント開催時は除く
■ アップリンク作品のDVD2タイトル進呈
■ アップリンク発売のDVD30%特別割引販売


お申込み

参加希望の方は、必要事項をご記入の上、メールにてお申し込みください。

■ 必要事項
(1)新規/継続
(2)名前(フリガナ)
(3)郵便番号
(4)住所
(5)電話番号
(6)学校名・勤務先
(7)支払い方法 現金/クレジット
 ※ クレジットは一括のみ。分割/リボ払いは後からご自身で設定してください。
(8)ビデオカメラを持っているか? YES/NO
(9)パソコンを持っているか? YES/NO
(10)使用しているソフト
(11)映像制作経験の有無
(12)ワークショップに期待すること

■ 申込メールアドレス: dmw@uplink.co.jp
■ 申込締切: 2016年2月22日(月) 終了しました。


説明会

「いきなり申し込むには不安がある」という方のために、ワークショップ説明会を開催します。
予約も不要ですので、お気軽にご参加ください。

<日時>
2016年1月28日(木)19:30-20:30 終了しました。
2016年2月2日(火)19:30-20:30 終了しました。
2016年2月8日(月)19:30-20:30 終了しました。

ご要望多数につき追加決定!
2016年2月19日(金)19:30-20:30 終了しました。

<会場>
UPLINK 2Fスペース(東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル2F)


その他、ムービー制作ワークショップに関するお問い合わせは
下記までご連絡をお願いいたします。

【TEL】03-6821-6821(受付時間/平日10:00~18:30)
【メール】dmw@uplink.co.jp
【担当】池田(いけだ)


2015-12-23 更新

【受付終了】第2期『未来の映画館』を作るワークショップ

mirai-web.jpg

【第2期】『未来の映画館』を作るワークショップ 参加者募集中

これはカフェや本屋を作るように映画館を作ってしまおうというワークショップです。

もちろん、ワークショップで大工仕事をして映画館を作るのではなく、映画館を作りたい人が集い、現実に各自が独自の映画館を作るために役立つワークショップを目指します。 デジタル上映がスタンダードとなった現在、まず、これまで私たちが抱いていた映画館を再定義するところからワークショップは始めます。おきまりの映画館の椅子ではなくソファや絨毯の上で観る映画館、ライブストリーミングやビデオ上映などを行う映画館、週末だけ営業する映画館、カフェ、本屋、パン屋、ピアノ教室を併設した映画館、コーラとポップコーンではなくオーガニック食材のドリンクやフードのサービスがある映画館、全国の映画館をインターネットでつないで同時トークショーを企画する映画館など、あなたが考える「未来の映画館」を実際に作っていこうというワークショップです。参加される方は近い将来実際に映画館を作ろうと考えている方を想定しています。
ワークショップでは、法的問題、経営のシミュレーション、実際の番組編成など「未来の映画館」を作るために実践的に参加者で考え、シェアし、起こりうる問題を解決し映画館を作るまでサポートします。

浅井隆(アップリンク代表)


概要

■ 期間: 2016年3月13日(日)~2016年7月17日(日)
 * 隔週日曜日、全10回 ※ 事前告知による日程変更有。
 * 第6回はナビゲーター不在のため5月29日(日)開催。
 * 全10回のうち2回はゲスト講師をお招きしてのトーク+懇親会を予定しております。
■ 時間: 10:00~12:30
■ 会場: Tabela(渋谷アップリンク併設のカフェ)
■ 定員: 24名
■ 参加料: 56,160円(税込)※ 新規のみの受付となります。
 * お支払いは現金/クレジット一括のみ。分割/リボ払いは後からご自身で設定してください。
■ ナビゲーター: 浅井隆(アップリンク代表)


特典

■ 会期中のアップリンク上映作品を自由に鑑賞できるパスポート進呈
 ※ 公開初週の土日/イベント開催時は除く
■ ワークショップ期間中のアップリンク配給作品の試写会招待状各1枚進呈
■ ワークショップ期間中の劇場公開作品パンフレット各1冊進呈
■ アップリンク作品のDVD2タイトル、アップリンク出版の書籍2冊進呈
■ アップリンク発売のDVD30%特別割引販売
■ アップリンク配給作品の自主上映権
 ※ 有効期限:2017年2月末日まで
 ※ 上映回数:1回のみ
 ※ 開催日は調整させていただく場合があります

「未来の映画館」を作るには、現実的にクリアしなければいけない課題がたくさんあります。そこで、自主上映会を開催することから始め、ステップアップするのもひとつの方法です。 「未来の映画館を作るワークショップ」参加者は、特典としてアップリンク配給作品の自主上映会を無料で1回開催いただけます。(通常5万円から)
作品選定から広報宣伝、集客、当日の運営などについても、アドバイスを受けることが可能です。


お申込み

参加希望の方は、必要事項をご記入の上、メールにてお申し込みください。

■ 必要事項
(1)名前(フリガナ)
(2)郵便番号
(3)住所
(4)携帯電話番号
(5)映画館を作ろうとする時期と場所 ※ イメージで結構です。
(6)現在のお仕事
(7)映画館関係の経験
(8)このワークショップに望むこと

■ 応募メールアドレス: hsw@uplink.co.jp(担当:眞島)
■ 応募締切: 2016年3月10日(木)


説明会

「いきなり申し込むには不安がある」という方のために、ワークショップ説明会を開催します。
予約も不要ですので、お気軽にご参加ください。

<日時>
2016年1月28日(木)19:30-20:30 終了しました。
2016年2月2日(火)19:30-20:30 終了しました。
2016年2月8日(月)19:30-20:30 終了しました。

ご要望多数につき追加決定!
2016年2月19日(金)19:30-20:30 終了しました。
⑤ 2016年3月9日(水)19:30-20:30

<会場>
UPLINK 2Fスペース(東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル2F)


その他、『未来の映画館』を作るワークショップに関するお問い合わせは
下記までご連絡をお願いいたします。

【TEL】03-6821-6821(受付時間/平日10:00~18:30)
【メール】hsw@uplink.co.jp
【担当】眞島(ましま)


2015-12-23 更新

【受付終了】第34期 配給サポート・ワークショップ

hsw-web2.jpg

【第34期】配給サポート・ワークショップ 参加者募集中

映画の配給とは、世界の異なる文化と価値観を知り伝える仕事。買い付けからネット配信まで、映画ビジネスのリアルを知る事ができます。

インターネット時代に世界の事を知るすべはいくつもありますが、映画というメディアは、人の心の内や、言葉にできない感情を描き、複雑で不可解な事象で成り立っている現実をキャプチャできる一番のメディアだと思います。このワークショップでは、そのような映画を何処でどうやって見つけ、買い付け、契約をするのか。そしてどのような宣伝をして観客にみてもらい、全国の映画館で上映するのか。また映画館での上映後、DVDやテレビ、インターネットで配給会社はどのようなビジネスを行っているのかなど、具体的にアップリンクで配給する作品をケーススタディとしてワークショップを行います。映画業界に興味のある方、スクリーンの裏側を知りたい方、映像ビジネスに関わっている方、映画関係の仕事に就きたい学生の方などの参加をお待ちしています。

浅井隆(アップリンク代表)

[写真:第33期講座より、Third Window Films代表アダム・トレルさんをゲストに迎えて]

映画の買付価格のほか、DVDの売上、興行成績等をできるだけオープンにして、数字から見えてくる現在の日本映画業界の現状を、参加者の皆さんと共に考えたいと思います。映画配給の裏側を具体的に知ることができ、映画業界への就職・転職の参考になるはずです。

【webDICE】アップリンク主催の配給ワークショップから生まれた"北欧映画"の祭典『トーキョーノーザンライツフェスティバル 2012』 (2011-01-23)

【webDICE】「野外映画フェス」という新たなイベントを創り出し、映画の可能性を拡張する (2014-12-11)

hsw-web1.jpg

アップリンク2016年配給予定作品

【左】......『蜃気楼の舟』(監督:竹馬靖具)
【中央】......『もしも建物が話せたら』(監督:ヴィム・ヴェンダース ほか)
【右】......『オマールの壁』(監督:ハニ・アブ・アサド)


概要

■ 期間:2016年3月17日(木)~2016年8月18日(木)
 * 隔週木曜日、全12回 ※ 事前告知による日程変更あり。
 * 全12回のうち3回はゲスト講師をお招きしてのトーク+懇親会を予定しております。
■ 時間:19:30~21:30
■ 会場:UPLINK FACTORY(東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル)
■ 定員:50名
 * 年齢や経験は問いません。定員に達し次第、募集を締め切ります。
■ 参加料:【新規】68,040円(税込) 【継続】35,640円(税込)
 * お支払いは現金/クレジット一括のみ。分割/リボ払いは後からご自身で設定してください。
■ ナビゲーター:浅井隆(アップリンク代表)


特典

■ 会期中のアップリンク上映作品を自由に鑑賞できるパスポート進呈
 ※ 公開初週の土日/イベント開催時は除く
■ ワークショップ期間中のアップリンク配給作品のマスコミ試写状各1枚
■ ワークショップ期間中の劇場公開作品パンフレット各1冊
■ アップリンク作品のDVD4タイトル、アップリンク出版の書籍2冊進呈
■ アップリンク発売のDVD30%特別割引販売


カリキュラム内容

■ 映画祭とは、マーケットとは?
■ 契約の条件とは? いくらで映画が買えるのか?
■ 映倫とは? いわゆるボカシとは?
■ 翻訳はどうやって行われるのか?
■ どのように映画の上映館を決定するのか?
■ 宣伝費はいくらかけるのか?
■ 試写会は誰に観てもらうのか、その効果は?
■ ポスター・チラシのデザインはどのように決めていくのか?
■ 映画館での実際の興行の数字は?
■ DVD販売の実数は?
■ インターネットでの動画配信はビジネスとして成り立つのか?
■ アート・フィルム配給に未来はあるのか?


お申込み

参加希望の方は、必要事項をご記入のうえメールにてお申し込みください。

■ 必要事項
(1)新規/継続
(2)名前(ふりがな)
(3)電話番号
(4)ワークショップに期待すること

■ 申込メールアドレス: hsw@uplink.co.jp(担当:代田)
■ 申込締切: 2016年3月11日(金)


説明会

「いきなり申し込むには不安がある」という方のために、ワークショップ説明会を開催します。
予約も不要ですので、お気軽にご参加ください。

<日時>
2016年1月28日(木)19:30-20:30 終了しました。
2016年2月2日(火)19:30-20:30 終了しました。
2016年2月8日(月)19:30-20:30 終了しました。

ご要望多数につき追加決定!
2016年2月19日(金)19:30-20:30 終了しました。
⑤ 2016年3月9日(水)19:30-20:30

<会場>
UPLINK 2Fスペース(東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル2F)


その他、配給サポートワークショップに関するお問い合わせは
下記までお願いいたします。

【TEL】03-6821-6821(受付時間/平日10:00~18:30)
【メール】hsw@uplink.co.jp
【担当】代田(しろた)


2015-08-22 更新

【受付終了】2015年9月期アップリンク・ムービー制作ワークショップ

WS合体.jpg

【2015年9月期】アップリンク・ムービー制作ワークショップ参加者募集中

「アップリンク・ムービー制作ワークショップ」は参加者が映画を制作していくプロセスを「シェア」する形で進めます。

技術を教える映画学校は、デジタル技術の進歩で終わりました。機材の使用方法を覚える方法は楽器の演奏方法を覚えるのと同じで、とにかく撮って編集すれば誰でも上達します。後は何をどう撮るかです。そのことをこのワークショップでは追求していきます。

ビデオカメラや一眼レフのカメラ、そしてiPhoneなどのスマートフォンの"REC"ボタンを押すだけで映像は写せ、どう撮れているかはモニターで撮りながらチェックできます。そこに撮影の秘密は何もありません。デジタルでの映像制作は楽器と同じように、いかに機器に長く触れ、練習をしたかだけです。

このワークショップには、初めてカメラを触る人から、自主映画を撮ったことがある人、テレビ局で働いている人までが参加しています。どうして技術のスキルの違う人が同じワークショップに参加しているかというと、技術よりも何を撮るかという企画と実行力の方が大切な時代になったからです。「技術がないから」「お金がないから」は映画製作の障害では全くなくなったのです。
ポストデジタル時代の映像制作のワークショップが"アップリンク・ムービー制作ワークショップ"です。

ナビゲーター・浅井隆(アップリンク代表)


概要

■期間:2015年9月24日~2016年2月9日
【隔週火曜日、全10回[初回と4回目は火曜祝日のため9/24(木)・11/2(月)に開催]】
■時間:19:30~21:30(事前告知による日程変更あり)
■会場:渋谷UPLINK FACTORY(東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1F)
■参加料:現金/クレジット 36,000円(一括のみ ※分割・リボ払いは後からご自身で設定してください)
■ナビゲーター:浅井隆(アップリンク代表)


特典

■会期中アップリンク・ファクトリー、X、ROOMでの映画上映を自由に鑑賞できるパスポート(イベントは除く)進呈
■アップリンク作品のDVD2タイトル進呈
■アップリンク発売のDVD30%特別割引販売


お申込み

■参加希望の方は、必要事項をご記入のうえメールにてお申し込みください。
・必要事項
(1)名前
(2)フリガナ
(3)郵便番号
(4)住所
(5)電話番号
(6)学校名・勤務先
(7)支払い方法 現金/クレジット 36,000円(税込・一括のみ ※分割・リボ払いは後からご自身で設定してください)
(8)ビデオカメラを持っているか? YES/NO
(9)パソコンを持っているか? YES/NO
(10)使用しているソフト
(11)映像制作経験の有無
(12)ワークショップに期待すること
・申し込みメールアドレス:dmw@uplink.co.jp


締切:2015年9月20日(日) 今期の申込は締め切りました。次期は2016年2月下旬スタート予定です。


無料説明会

■いきなり申し込むには不安がある、という方のために、無料のワークショップ説明会を開催します。
予約も不要ですので、お気軽にご参加ください。

・日時:
2015年9月8日(火)19:00-20:00 終了しました
2015年9月15日(火)19:00-20:00 終了しました

・会場:UPLINK 2Fスペース(東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル2F)


ムービー制作ワークショップの内容・お申込みについてのお問い合わせ:
TEL.03-6821-6821 dmw@uplink.co.jp
担当:駒井(こまい)


2015-06-18 更新

【終了】第33期配給サポート・ワークショップ

hsw34_1.jpg

映画の配給宣伝、特に外国映画を配給宣伝する事は映画を通じて他文化の価値観を知り伝える面白い仕事です。インターネット時代に世界の事を知るすべはいくつもありますが、映画というメディアは、人の心の内や、言葉にできない感情を描き、複雑で不可解な事象で成り立っている現実をキャプチャできる一番のメディアだと思います。このワークショップでは、そのような映画を何処でどうやって見つけ、買付け、契約をするのか。そしてどのような宣伝をして観客にみてもらい、全国の映画館で上映するのか。また映画館での上映後、DVDやテレビ、インターネットで配給会社はどのようなビジネスを行っているのかなど、具体的にアップリンクで配給する作品をケーススタディとしてワークショップを行います。映画業界に興味のある方、スクリーンの裏側を知りたい方、映像ビジネスに関わっている方、映画関係の仕事に就きたい学生の方などの参加をお待ちしています。
浅井隆(アップリンク社長)

[写真:32期講座より、佐々木芽生監督をゲストに迎えて]

映画の買付価格のほか、DVDの売上、興行成績等をできるだけオープンにして、数字から見えてくる現在の日本映画業界の現状を、参加者の皆さんと共に考えたいと思います。映画配給の裏側を具体的に知ることができ、映画業界への就職・転職の参考になるはずです。

【webDICE】アップリンク主催の配給ワークショップから生まれた"北欧映画"の祭典『トーキョーノーザンライツフェスティバル 2012』 (2011-01-23)

【webDICE】「野外映画フェス」という新たなイベントを創り出し、映画の可能性を拡張する (2014-12-11)

hsw34e.jpg


アップリンク2015年配給予定作品

【左上】......『エレファント・ソング』(監督:シャルル・ビナメ)2015年配給作品
【右上】......『パパ、遺伝子組み換えってなぁに?』(監督:ジェレミー・セイファート)
【左下】......『バレエボーイズ』(監督:ケネス・エルヴェバック)
【右下】......『光、ノスタルジア』(監督:パトリシオ・グスマン)

概要

■期間:2015年9月17日~2016年2月18日(隔週木曜日、19:30~22:00、全12回+懇親会 事前告知による日程変更あり)
■会場:UPLINK FACTORY(東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル)
■定員:50名(年齢・経験は問いません)定員に達し次第、募集を締め切ります
■参加料:現金またはクレジット 60,000円(税込)
■ナビゲーター:浅井隆(アップリンク社長) ※ゲスト講師回あり

特典

■アップリンクで上映している映画を6ヵ月間自由に鑑賞できるパスポート(イベント開催時を除く)
■ワークショップ期間中のアップリンク配給作品のマスコミ試写状各1枚
■ワークショップ期間中の劇場公開作品パンフレット各1冊
■アップリンク作品のDVD4タイトル、アップリンク出版の書籍2冊進呈
■アップリンク発売のDVD30%特別割引販売

カリキュラム内容

■映画祭とは、マーケットとは?
■契約の条件とは? いくらで映画が買えるのか?
■映倫とは? いわゆるボカシとは?
■翻訳はどうやって行われるのか?
■どのように映画の上映館を決定するのか?
■宣伝費はいくらかけるのか?
■試写会は誰に観てもらうのか、その効果は?
■ポスター・チラシのデザインはどのように決めていくのか?
■映画館での実際の興行の数字は?
■DVD販売の実数は?
■インターネットでの動画配信はビジネスとして成り立つのか?
■アート・フィルム配給に未来はあるのか?


お申込み

■受講希望の方は、氏名・電話番号、ワークショップに期待することを明記の上、メールにてお申し込みください。
・申し込みメールアドレス:hsw@uplink.co.jp
※お申込み締切は9/14(月)です!


無料説明会

■いきなり申し込むには不安がある、という方のために、無料のワークショップ説明会を開催予定です。予約も不要ですので、お気軽にご参加ください。

2015年8月27日(木)19:00-20:00
2015年9月3日(木)19:00-20:00
2015年9月10日(木)19:00-20:00

・会場:UPLINK (東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル2F)


お問い合わせ:TEL.03-6821-6821 hsw@uplink.co.jp
担当:眞島


2015-03-27 更新

4/6(月)アップリンク・ムービー制作ワークショップ上映会

11期合体1.jpg


2014年11月から行われている「ムービー制作ワークショップ」参加者による映像作品の上映会です。

「ドキュメンタリー制作上映ワークショップ」として2011年よりスタート、2014年11月から「ムービー制作ワークショップ」として行われているこのワークショップは、映像制作においてまず「何を撮りたいのか」その考え方を突き詰める場として行われてきました。参加者全員が監督であり、参加者の作品にアドバイスするスタッフの一人として、約5ヵ月にわたり制作のプロセスを参加者で「シェア」しながら進めています。

ドキュメンタリー、フィクション、短編、中編など、全10回のワークショップを通して完成した作品を一挙上映します。
これから映像制作に取り組んでみたい方、ぜひお越しください。


アップリンク・ムービー制作ワークショップ上映会
日程:2015年4月6日(月)18:50開場 19:00開演
会場:渋谷アップリンク・ファクトリー
料金:500円(1ドリンク付)
ご予約は下記より 満席のためご予約を締め切りました。
http://www.uplink.co.jp/event/2015/36017

【上映作品】

当日は下記順番にて上映いたします。

『微笑む女』『復讐』
監督:牧野 裕




『My paipo board and Japanese traditional wooden bodyboard "itago"
(手作りのパイポボードと和製ボディボード「板子」)』

監督:じゅん



『うつつ』
監督:北澤輝樹 



『スナック チェリー』
監督:鈴木多依子



『HATAGAYA』
監督:干場 亘



『夢中人~documentary of Airi Matsuhashi』
監督:大竹健介


『play。』
監督:金枝久美子
『顔写真家 松田順子』
監督:牧野 裕
出演:金枝久美子




『神宮寺直子 江戸へ行く』『古岸の蛍 予告編映像』
監督:大槻圭紀



『My Time, My Life』
監督:はるな



『負け子とロールキャベツ』『みんなで青い空と白い雲を描こう。』
監督:逢坂泰精




『江州音頭の革命児 桜川唯丸』
監督:藤本 愛



『日暮』
監督:稲垣晴夏



『拝啓、瀬戸内の島より』
監督:川名俊生



『最初は、そんなつもりじゃなかった...』
監督:武藤達也



『東京を歩く: 山谷』
監督:松田大輔



『オンリー・ワンディ 予告編』
監督:冨田しのぶ



『This is ...』
監督:渡部友一郎



『踊る武藤』
監督:石川敏之



『ようきんしゃったね、津屋崎(仮)』
監督:花田亜以



『ア時アの天使たち』
監督:イクゾ気合



『ヒッチハイク 東京~室戸岬~東京』
監督:小川大智



『オとセとロ 予告篇』
監督:住本尚子



『中毒と癒し』
監督:谷内玲奈



『きみのところに にじはでますか ~ダンスで社会は変えられるのか?~』
監督:おどるなつこ



2014-11-10 更新

アップリンク・ドキュメンタリー制作上映ワークショップ第8期上映会

webDICE_DSC02161.jpg


2014年3月から11月まで行われた「ドキュメンタリー制作上映ワークショップ」第8期の参加者による映像作品の上映会です。

2011年よりスタートしたアップリンクの「ドキュメンタリー制作上映ワークショップ」は、映像制作においてまず「何を撮りたいのか」その考え方を突き詰める場として、今期で8期を迎えました。参加者全員が監督であり、参加者の作品にアドバイスするスタッフの一人として、約5ヵ月にわたり制作のプロセスを参加者で「シェア」しながら進めています。

ドキュメンタリー、フィクション、短編、中編など、全10回のワークショップを通して完成した作品を一挙上映します。
これから映像制作に取り組んでみたい方、ワークショップ参加に興味のある方、ぜひお越しください。
ご予約は下記より。
http://www.uplink.co.jp/event/2014/33287

「ドキュメンタリー制作上映ワークショップ」改め「アップリンク・ムービー制作ワークショップ」新期は2014年11月25日(火)より開催いたします。
お申込みは下記より。
http://www.uplink.co.jp/workshop/log/000990.php


【上映作品】

『MAYU&SING★ 新宿ゴールデン街純愛物語』『ウサギ★Movie』
監督:逢坂泰精



『伝聞構造への試み タップで文学Ⅱ 嵐が丘』
監督:おどるなつこ
撮影:稲垣晴夏


『水中映像からインスパイアされた、人にとって大事な風景とは』
監督:はるな


『酒場』
監督:松田大輔


『笹塚ピープル 江川真治』
監督:金城孝


『三晴~酒場の大将一代記~』
監督:百瀬崇


『をぷゔも』
監督:稲垣晴夏


『演劇×映像〈夢みるカフェ〉』
監督:高山直美


『渋谷裏路地革小物屋 sot』
監督:鈴木瞳


『私たちの生きかたシリーズVol.1 東京の大将』
監督:冨田しのぶ


『世田谷の、日本一小さな乗馬倶楽部』
監督:小笠原玄


『全関東河内音頭振興隊とは何だったのか vol.1』
監督:藤本愛


『HOUSEを愛するDJ SHUTAを追う』
監督:干場亘


『21歳のキッザニア』
監督:花田亜以


『ライオンのほほえみ』
監督:東海笑子


『動画で伝えたい ~渋谷発 ワークショップの記録~』
監督:関口聡



2014-09-20 更新

インディペンデントのミュージック・ビデオ制作─アップリンク・ムービー制作ワークショップ番外編 ゲスト:MINORxU

MINORxU.jpg

インディペンデントのミュージック・ビデオ制作
─アップリンク・ムービー制作ワークショップ番外編

いかに限られた予算でインディペンデントでミュージック・ビデオを作るか、そのノウハウを映像作家MINORxUさんにお話をうかがいます。実際のMV作品を例に、撮影方法やコストのかけ方など、これから映像制作を目指す方に役立つ情報をできるだけ詳しく語っていただきます。
ご予約はこちら


MINORxU プロフィール
東京都出身。 現在は東京都を拠点に、映像作家として活動中。多くのアーティストのミュージック・ビデオを手がけるほか、監督を務めた横山健のドキュメンタリー『横山健-疾風勁草編-』は2013年劇場公開され3万人を動員。9月24日にDVDリリースされた。
http://minorxu.tumblr.com/


このワークショップは、ドキュメンタリー制作上映ワークショップ改めアップリンク・ムービー制作ワークショップの番外編として開催。この回は一般の方の参加も可能です。
アップリンク・ムービー制作ワークショップ次期は2014年11月25日(火)より開催、お申込みはこちら



『インディペンデントのミュージック・ビデオ制作
─アップリンク・ムービー制作ワークショップ番外編』

2014年10月28日(火)
開場18:50/開演19:00/21:30終演予定
会場 : 渋谷アップリンク・ファクトリー
料金 : 予約/当日1,000円[アップリンク・ムービー制作ワークショップ受講者は無料]
出演 : MINORxU
ご予約は下記フォームよりお申込みください。
http://www.uplink.co.jp/event/2014/31590

お問い合せ:03-6821-6821(担当:駒井)


2014-07-09 更新

【2014年11月期】アップリンク・ムービー制作ワークショップ

P1340539_edited-2.jpg

【2014年11月期】アップリンク・ムービー制作ワークショップ参加者募集中

「アップリンク・ムービー制作ワークショップ」は参加者が映画を制作していくプロセスを「シェア」する形で進めます。

技術を教える映画学校はデジタル技術の進歩で終わりました。機材の使用方法を覚えるのは楽器の演奏方法を覚えるのと同じで、とにかく撮って編集すれば誰でも上達します。後は何をどう撮るかです。そのことをこのワークショップでは追求していきます。

参加費は36,000円と他の映画制作ワークショップとして比較してリーズナブルな価格設定です。その理由は、デジタル技術が普及した現在、映像制作で教えること、学ぶことはほとんどないからです。
ビデオカメラや一眼レフのカメラ、そしてiPhoneなどのスマートフォンの"REC"ボタンを押すだけで映像は写るし、 どう撮れているかはモニターで撮りながらチェックできます。そこに撮影の秘密は何もありません。
デジタルでの映像制作は楽器と同じように、いかにその機器に長く触れ、練習をしたかだけです。
このような時代になったので、映像制作の技術を教える学校システムは終わりました。
編集も自分で何度も試せばいいのです。そこで必要なのは他人の意見を聞くということではないでしょうか。
もちろん、自分のプロジェクトにプロデューサーがいて配給会社がついていれば、それらの意見を参考にもできるでしょう。
ただ、個人で映像を作っていると、出来上がってからいきなり厳しい意見を浴びるより、制作のプロセスでアドバイスを受ける方がより有効です。このワークショップでは参加者全員が監督であり、参加者の作品にアドバイスするスタッフの一人です。
もう3年前になりますが、時代だなと思ったのは参加者の一人がiPad miniで撮影し、編集もそのiPad mini上でiMovieで編集して作品を仕上げているのを見たときです。
彼女のカメラも編集スタジオもiPad miniなので、最後の編集はスターバックスで行える時代だということです。
そして最近の傾向としては、撮影機材もカメラからデバイスへ移行しています。
iPhoneを使い倒せばハイヴィジョン画質で面白い映画を撮ることができるのです。高価なカメラも買う必要はありません。

参加者には初めてカメラを触る人から、自主映画を撮ったことのある人、テレビ局で働いている人までが参加しています。
どうして技術のスキルの違う人が同じワークショップに参加しているかというと、技術よりもなにを撮るかという企画力と実行力の方が大切な時代になったからです。
「技術がないから」「お金がないから」は映画製作の障害では全くなくなったのです。
ポストデジタル時代の映像制作のワークショップがアップリンクのワークショップです。

(浅井隆)


概要

■期間:2014年11月25日~2015年3月31日[隔週火曜日、全10回]
■時間:19:00~21:30(事前告知による日程変更あり)
■会場:渋谷UPLINK(東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル)
■参加料:現金 36,000円/クレジット 38,000円(一括のみ ※分割・リボ払いは後からご自身で設定してください)
■ナビゲーター:浅井隆(アップリンク主宰)

※今期は定員に達したため申込を締め切りました。次期は2015年秋開催予定です。


特典

■会期中アップリンク・ファクトリー、X、ROOMでの映画上映を自由に鑑賞できるパスポート(イベントは除く)進呈
■アップリンク作品のDVD2タイトル進呈
■アップリンク発売のDVD30%特別割引販売


お申込み

■参加希望の方は、必要事項をご記入のうえメールにてお申し込みください。
・必要事項
(1)名前
(2)フリガナ
(3)郵便番号
(4)住所
(5)電話番号
(6)学校名・勤務先
(7)支払い方法 現金 36,000円/クレジット 38,000円(一括のみ ※分割・リボ払いは後からご自身で設定してください)
(8)ビデオカメラを持っているか? YES/NO
(9)パソコンを持っているか? YES/NO
(10)使用しているソフト
(11)映像制作経験の有無
(12)ワークショップに期待する事
・申し込みメールアドレス:dmw@uplink.co.jp

締切:2014年11月21日(金)


無料説明会

■最初から申し込むには不安がある、という方のために、無料のワークショップ説明会を開催します。
予約も不要ですので、お気軽にご参加ください。

・日時:
2014年11月4日(火)19:00-20:00 終了しました
2014年11月18日(火)19:00-20:00
終了しました

・会場:UPLINK(東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル)


ドキュメンタリー制作上映ワークショップ第8期上映会

2014年3月から11月まで行われた「ドキュメンタリー制作上映ワークショップ」第8期の参加者による映像作品の上映会です。 ドキュメンタリー、フィクション、中編・長編など、全10回のワークショップを通して完成した作品を一挙上映します。 これから映像制作に取り組んでみたい方、ワークショップ参加に興味のある方、ぜひお越しください

・日時:2014年11月17日(月)19:00開演
・会場:UPLINK FACTORY(東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1F)
・料金:500円(1ドリンク付)

上映会のご予約は下記より
http://www.uplink.co.jp/event/2014/33287


お問い合わせ:TEL.03-6821-6821 dmw@uplink.co.jp
担当:駒井


2014-04-06 更新

ドキュメンタリー制作上映ワークショップ番外編 【動画編集講座】6/19開催!

WS_DSC01813.jpg


ドキュメンタリー制作上映ワークショップ番外編
【動画編集講座】6/19開催!参加者募集中

2011年よりスタートしたアップリンクのドキュメンタリー制作上映ワークショップは、ドキュメンタリー制作においてまず何を撮りたいのか、その考え方を突き詰める場として行なってきましたが、ご要望にお応えして、ビキナー向けの技術に特化したワークショップを番外編として開催いたします。動画編集ソフト・ファイナルカットでの編集におけるコツをレクチャー、参加者の動画編集途中の質問にも答えます。ぜひ制作途中のデータをお持ちください。

この回に限り、一般の方のご参加も受け付けます。この機会に、編集スキルを磨いてみませんか。

ナビゲーターには、映像作家の森孝介さんをお迎えします。

ご予約はこちら


※チラシに6月19日(火)と記載されておりますが、正しくは6月19日(木)開催となります。お詫びとともに訂正いたします。


mori_kosuke_edited-1.jpg

■森孝介監督 プロフィール
写真家/映像作家。2014年、フリージャズピアニスト・スガダイローと七組の身体表現家とで行われた公演を収めたドキュメンタリー『「瞬か」とは、なんだったのか?』を第1回監督作品として発表。
作品の特徴は強い主観性。存在に肉薄する画面構成は、現場や関係性を追体験させる力強さを持つ。





ドキュメンタリー制作上映ワークショップ番外編【動画編集講座】
日程:2014年6月19日(木)19:00~21:00
会場:UPLINK ROOM(2F)
東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル
受講料:2,000円
使用ソフト:Final Cut Pro 7.0.3(MAC)

※当ワークショップでの機材・カメラの貸出は行なっておりません。皆さんが普段ご使用のノート型のパソコンをお持ち込みください。編集途中の動画をお持ちの方もメモリ、DVDなどでご持参ください。
※ワークショップはMAC OSのファイナルカットVer.7.0.3を基本に行います。他のバージョンやソフトおよびWindowをご使用の方、機材をお持ちでない方は、ご予約の際にお書き添えください。


お問い合せ:03-6821-6821(担当:駒井)


ドキュメンタリー制作上映ワークショップ第8期は2014年7月8日(火)より開催です。
お申込みはこちら

[写真:前回のワークショップの様子]


2014-03-16 更新

第8期【2014年7月8日~11月】ドキュメンタリー制作上映ワークショップ

P1340539_edited-2.jpg

第8期【2014年7月8日~11月】ドキュメンタリー制作上映ワークショップ参加者募集中


「ドキュメンタリー制作上映ワークショップ」

このワークショップはドキュメンタリー映画を企画し、制作し最後に上映する迄をサポートするものです。極論すれば、全ての映画はドキュメンタリーという事ができます。俳優が演じているその時間を捉えるカメラは現実をドキュメントしているとも言えるからです。従って内容はドキュメンタリーといっても自由です。初めてカメラを触る人からプロとして映像制作に関わっている人までが参加しています。通常の映画学校とは逆の方法でワークショップを行います。まず何を撮りたいのか、そのことを突き詰めます。撮影技術は後回しです。映像制作の技術が無い人は企画と平行して撮影技術を会得すればいいし、技術のあるスタッフと仕事をすればいいというスタンスです。まず自分が何に興味があり、何を人に伝えたいのか、その事を大切にし、自分で確認する事から始めるワークショップです。自分にしかできない映像表現を追求する方をお待ちしています。

【webDICE】7月スタート、2つのワークショップのお知らせ(浅井隆)
http://www.webdice.jp/diary/detail/8932/

※技術系ワークショップは番外編として随時開催中です、併せてご利用ください。



概要

■期間:2014年7月8日~11月[隔週火曜日、全10回]
■時間:19:00~21:30(事前告知による日程変更あり)
■会場:渋谷UPLINK(東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル)
■参加料:現金 36,000円/クレジット 38,000円(一括のみ ※分割・リボ払いは後からご自身で設定してください)
■ナビゲーター:浅井隆(アップリンク主宰)


特典

■受講中アップリンク・ファクトリー、X、ROOMでの映画上映を自由に鑑賞できるパスポート(イベントは除く)進呈
■アップリンク作品のDVD2タイトル進呈
■アップリンク発売のDVD30%特別割引販売


お申込み

■受講希望の方は、必要事項をご記入のうえメールにてお申し込みください。
・必要事項
(1)名前
(2)フリガナ
(3)郵便番号
(4)住所
(5)電話番号
(6)学校名・勤務先
(7)支払い方法 現金 36,000円/クレジット 38,000円(一括のみ ※分割・リボ払いは後からご自身で設定してください)
(8)ビデオカメラを持っているか? YES/NO
(9)パソコンを持っているか? YES/NO
(10)使用しているソフト
(11)映像制作経験の有無
(12)ワークショップに期待する事
・申し込みメールアドレス:dmw@uplink.co.jp

締切:2014年7月7日(月)


無料説明会


■最初から申し込むには不安がある、という方のために、無料のワークショップ説明会を開催します。

予約も不要ですので、お気軽にご参加ください。

・日時:
2014年6月17日(火)19:00-20:00 終了しました
2014年7月1日(火)19:00-20:00 終了しました

・会場:UPLINK(東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル)


お問い合わせ:TEL.03-6821-6821 dmw@uplink.co.jp
担当:駒井


2014-01-22 更新

ドキュメンタリー制作上映ワークショップ番外編 【動画編集講座】2/25開催!

workshopDSC01786_edited-1.jpg


ドキュメンタリー制作上映ワークショップ番外編
【動画編集講座】2/25開催!参加者募集中

2011年よりスタートしたアップリンクのドキュメンタリー制作上映ワークショップは、ドキュメンタリー制作においてまず何を撮りたいのか、その考え方を突き詰める場として行なってきましたが、ご要望にお応えして、ビキナー向けの技術に特化したワークショップを番外編として開催いたします。動画編集ソフト・ファイナルカットでの編集におけるコツをレクチャー、参加者の動画編集途中の質問にも答えます。ぜひ制作途中のデータをお持ちください。

この回に限り、一般の方のご参加も受け付けます。この機会に、編集スキルを磨いてみませんか。

ナビゲーターには、映像作家の森孝介さんをお迎えします。

ご予約はこちら


mori_kosuke_edited-1.jpg

■森孝介監督 プロフィール
写真家/映像作家。2014年、フリージャズピアニスト・スガダイローと七組の⾝体表現家とで⾏われた公演を収めたドキュメンタリー『「瞬か」とは、なんだったのか?』を第⼀回監督作品として発表。
作品の特徴は強い主観性。存在に肉薄する画面構成は、現場や関係性を追体験させる力強さを持つ。





ドキュメンタリー制作上映ワークショップ番外編【動画編集講座】
日程:2014年2月25日(火)19:00~21:00
会場:UPLINK FACTORY(1F)
東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル
受講料:2,000円
使用ソフト:Final Cut Pro 7.0.3(MAC)

※当ワークショップでの機材・カメラの貸出は行なっておりません。皆さんが普段ご使用のノート型のパソコンをお持ち込みください。編集途中の動画をお持ちの方もメモリ、DVDなどでご持参ください。
※ワークショップはMAC OSのファイナルカットVer.7.0.3を基本に行います。他のバージョンやソフトおよびWindowをご使用の方、機材をお持ちでない方は、ご予約の際にお書き添えください。


お問い合せ:03-6821-6821(担当:駒井)


ドキュメンタリー制作上映ワークショップ第7期は2014年2月4日(火)より開催です。
お申込みはこちら

[写真:前回のワークショップの様子]


2013-11-13 更新

第30期【2014年1月16日~2014年6月】配給サポート・ワークショップ

映画の配給はこんなに楽しい!
多様な世界の価値観を伝えるアート系映画配給の今を知る!!


_P1350461_edited-1.jpg

映画の配給宣伝、特に外国映画を配給宣伝する事は映画を通じて他文化の価値観を知り伝える面白い仕事です。インターネット時代に世界の事を知るすべはいくつもありますが、映画というメディアは、人の心の内や、言葉にできない感情を描き、複雑で不可解な事象で成り立っている現実をキャプチャできる一番のメディアだと思います。このワークショップでは、そのような映画を何処でどうやって見つけ、買付け、契約をするのか。そしてどのような宣伝をして観客にみてもらい、全国の映画館で上映するのか。また映画館での上映後、DVDやテレビ、インターネットで配給会社はどのようなビジネスを行っているのかなど、具体的にアップリンクで配給する作品をケーススタディとしてワークショップを行います。映画業界に興味のある方、スクリーンの裏側を知りたい方、映像ビジネスに関わっている方、映画関係の仕事に就きたい学生の方などの参加をお待ちしています。
浅井隆(アップリンク社長)

[写真:27期講座より、フラッグ久保浩章氏をゲストに迎えて]

映画の買付価格のほか、DVDの売上、興行成績等をできるだけオープンにして、数字から見えてくる現在の日本映画業界の現状を、参加者の皆さんと共に考えたいと思います。映画配給の裏側を具体的に知ることができ、映画業界への就職・転職の参考になるはずです。

【webDICE】アップリンク主催の配給ワークショップから生まれた"北欧映画"の祭典『トーキョーノーザンライツフェスティバル 2012』 (2011-01-23)


gattai_hsw1113.jpg


アップリンク配給作品

【左上】......『FILTH フィルス』(監督:ジョン・S・ベアード)©2013 Lithium Picture Limited. 2013年配給作品
【右上】......『パリ、ただよう花』(監督:ロウ・イエ)2013年配給作品
【左下】......『ドストエフスキーと愛に生きる』(監督:ヴィディアム・インディエイコ)2014年配給作品
【右下】......『リアリティのダンス』(監督:アレハンドロ・ホドロフスキー)2014年配給作品

概要

■期間:2014年1月16日~2014年6月(隔週木曜日、20:00~22:00、全12回+懇親会 事前告知による日程変更あり)
■会場:UPLINK FACTORY(東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1F)
■定員:35名(年齢・経験は問いません)定員に達し次第、募集を締め切ります
■参加料:
 現金 60,000円
 または、クレジット 63,000円(一括・分割・リボ払い ※分割・リボ払いは後からご自身で設定してください)
■ナビゲーター:浅井隆(アップリンク社長) ※ゲスト講師回あり

特典

■アップリンクで上映している映画を6ヵ月間自由に鑑賞できるパスポート(イベント開催時を除く)
■ワークショップ期間中のアップリンク配給作品のマスコミ試写状各1枚
■ワークショップ期間中の劇場公開作品パンフレット各1冊
■アップリンク作品のDVD4タイトル、アップリンク出版の書籍2冊進呈
■アップリンク発売のDVD30%特別割引販売

カリキュラム内容

■映画祭とは、マーケットとは?
■契約の条件とは? いくらで映画が買えるのか?
■映倫とは? いわゆるボカシとは?
■翻訳はどうやって行われるのか?
■どのように映画の上映館を決定するのか?
■宣伝費はいくらかけるのか?
■試写会は誰に観てもらうのか、その効果は?
■ポスター・チラシのデザインはどのように決めていくのか?
■映画館での実際の興行の数字は?
■DVD販売の実数は?
■インターネットでの動画配信はビジネスとして成り立つのか?
■アート・フィルム配給に未来はあるのか?


お申込み

■受講希望の方は、氏名・電話番号を明記の上、メールにてお申し込みください。
・申し込みメールアドレス:hsw@uplink.co.jp
※お申込み締切は1/14(火)です!


無料説明会

■最初から申し込むには不安がある、という方のために、無料のワークショップ説明会を開催します。
予約も不要ですので、お気軽にご参加ください。

・日時:
2013年12月19日(木)19:00-19:45 終了しました
2013年12月25日(水)19:00-19:45 終了しました
2014年1月9日(木)19:00-20:00 終了しました

・会場:UPLINK ROOM(東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル2F)


お問い合わせ:TEL.03-6821-6821 hsw@uplink.co.jp
担当:鈴木


2013-10-10 更新

ドキュメンタリー制作上映ワークショップ番外編 【動画編集講座】12/10開催

kobatashi (1).jpg

ドキュメンタリー制作上映ワークショップ番外編
【動画編集講座】12/10開催!参加者募集中


2011年よりスタートしたアップリンクのドキュメンタリー制作上映ワークショップは、ドキュメンタリー制作においてまず何を撮りたいのか、その考え方を突き詰める場として行なってきましたが、ご要望にお応えして、ビキナー向けの技術に特化したワークショップを番外編として開催いたします。動画編集ソフト・ファイナルカットでの編集におけるコツをレクチャー、参加者の動画編集途中の質問にも答えます。ぜひ制作途中のデータをお持ちください。

この回に限り、一般の方のご参加も受け付けます。この機会に、編集スキルを磨いてみませんか。

ナビゲーターには、2012年自主長編『カントリーガール』がユーロスペースで公開された小林達夫監督をお迎えいたします。小林監督はご自身で制作を続け、長編の自主公開、Web映像制作や音楽ドキュメントなどの活動もされていますので、編集以外の、撮影・自主上映に関するご質問もお待ちしています。

ご予約はこちら



■小林達夫監督 プロフィール
1985年 京都出身。
2007年 短編「少年と町」で京都国際学生映画祭グランプリを受賞。
2008年「ZAZEN BOYSアルバムメイキングドキュメント」(Music On! TV)ディレクター。
2010年 自主長編『カントリーガール』監督(脚本:渡辺あや)。京都シネマ(京都)、ユーロスペース(東京)で公開。
最新作は短編『カサブランカの探偵』。平成25年度京都市芸術文化特別奨励者。



ドキュメンタリー制作上映ワークショップ番外編【動画編集講座】
日程:2013年12月10日(火)19:00~21:00
会場:UPLINK ROOM(2F)
東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル
受講料:2,000円
使用ソフト:Final Cut Pro 7.0.3(MAC)

※当ワークショップでの機材・カメラの貸出は行なっておりません。皆さんが普段ご使用のノート型のパソコンをお持ち込みください。編集途中の動画をお持ちの方もメモリ、DVDなどでご持参ください。
※ワークショップはMAC OSのファイナルカットVer.7.0.3を基本に行います。他のバージョンやソフトおよびWindowをご使用の方、機材をお持ちでない方は、ご予約の際にお書き添えください。

ご予約はこちらから

お問い合せ:03-6821-6821(担当:駒井)


ドキュメンタリー制作上映ワークショップ第7期は2014年2月より開催です。
お申込みはこちら


2013-09-10 更新

第7期【2014年2月4日~6月24日】ドキュメンタリー制作上映ワークショップ

P1340539_edited-2.jpg

第7期【2014年2月】ドキュメンタリー制作上映ワークショップ参加者募集中


「ドキュメンタリー制作上映ワークショップ」

このワークショップはドキュメンタリー映画を企画し、制作し最後に上映する迄をサポートするものです。極論すれば、全ての映画はドキュメンタリーという事ができます。俳優が演じているその時間を捉えるカメラは現実をドキュメントしているとも言えるからです。従って内容はドキュメンタリーといっても自由です。初めてカメラを触る人からプロとして映像制作に関わっている人までが参加しています。通常の映画学校とは逆の方法でワークショップを行います。まず何を撮りたいのか、そのことを突き詰めます。撮影技術は後回しです。映像制作の技術が無い人は企画と平行して撮影技術を会得すればいいし、技術のあるスタッフと仕事をすればいいというスタンスです。まず自分が何に興味があり、何を人に伝えたいのか、その事を大切にし、自分で確認する事から始めるワークショップです。自分にしかできない映像表現を追求する方をお待ちしています。

※当ワークショップではナビゲーターによる撮影・編集技術の指導は行いませんので、あらかじめご了承ください。技術系ワークショップは番外編として随時開催中です、併せてご利用ください。次回動画講座は2月25日(火)開催です。



概要

■期間:2014年2月4日~6月24日[隔週火曜日、全10回]
■時間:19:00~21:30(事前告知による日程変更あり)
■会場:渋谷UPLINK(東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル)
■参加料:現金 36,000円/クレジット 38,000円(一括のみ ※分割・リボ払いは後からご自身で設定してください)
■ナビゲーター:浅井隆(アップリンク主宰)


特典

■受講中アップリンク・ファクトリー、X、ROOMでの映画上映を自由に鑑賞できるパスポート(イベントは除く)進呈
■アップリンク作品のDVD2タイトル進呈
■アップリンク発売のDVD30%特別割引販売


お申込み

■受講希望の方は、必要事項をご記入のうえメールにてお申し込みください。
・必要事項
(1)名前
(2)フリガナ
(3)郵便番号
(4)住所
(5)電話番号
(6)学校名・勤務先
(7)支払い方法 現金 36,000円/クレジット 38,000円(一括のみ ※分割・リボ払いは後からご自身で設定してください)
(8)ビデオカメラを持っているか? YES/NO
(9)パソコンを持っているか? YES/NO
(10)使用しているソフト
(11)映像制作経験の有無
(12)ワークショップに期待する事
・申し込みメールアドレス:dmw@uplink.co.jp

締切:2014年2月3日(月)


無料説明会


■最初から申し込むには不安がある、という方のために、無料のワークショップ説明会を開催します。

予約も不要ですので、お気軽にご参加ください。

・日時:
2014年1月14日(火)19:00-20:00 終了しました。
2014年1月28日(火)19:00-20:00 終了しました。

・会場:UPLINK ROOM(東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル2F)


お問い合わせ:TEL.03-6821-6821 dmw@uplink.co.jp
担当:駒井


2013-08-06 更新

ドキュメンタリー制作上映ワークショップ番外編 【動画編集講座】9/10開催

kobatashi (1).jpg

ドキュメンタリー制作上映ワークショップ番外編
【動画編集講座】9/10開催!参加者募集中


2011年よりスタートしたアップリンクのドキュメンタリー制作上映ワークショップは、ドキュメンタリー制作においてまず何を撮りたいのか、その考え方を突き詰める場として行なってきましたが、ご要望にお応えして、ビキナー向けの技術に特化したワークショップを番外編として開催いたします。動画編集ソフト・ファイナルカットでの編集におけるコツをレクチャー、参加者の動画編集途中の質問にも答えます。

この回に限り、一般の方のご参加も受け付けます。この機会に、編集スキルを磨いてみませんか。

ナビゲーターには、2012年自主長編『カントリーガール』がユーロスペースで公開された小林達夫監督をお迎えいたします。小林監督はご自身で制作を続け、長編の自主公開、Web映像制作や音楽ドキュメントなどの活動もされていますので、編集以外の、撮影・自主上映に関するご質問もお待ちしています。

予約方法はこちら



■小林達夫監督 プロフィール
1985年 京都出身。
2007年 短編「少年と町」で京都国際学生映画祭グランプリを受賞。
2008年「ZAZEN BOYSアルバムメイキングドキュメント」(Music On! TV)ディレクター。
2010年 自主長編『カントリーガール』監督(脚本:渡辺あや)。京都シネマ(京都)、ユーロスペース(東京)で公開。
最新作は短編『カサブランカの探偵』。平成25年度京都市芸術文化特別奨励者。



ドキュメンタリー制作上映ワークショップ番外編【動画編集講座】
日程:2013年9月10日(火)19:00~20:30
会場:UPLINK ROOM(2F)
東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル
受講料:1,500円
使用ソフト:Final Cut Pro 7.0.3(MAC)

※当ワークショップでの機材・カメラの貸出は行なっておりません。皆さんが普段ご使用のノート型のパソコンをお持ち込みください。編集途中の動画をお持ちの方もメモリ、DVDなどでご持参ください。
※ワークショップはMAC OSのファイナルカットVer.7.0.3を基本に行います。他のバージョンやソフトおよびWindowをご使用の方、機材をお持ちでない方は、ご予約の際にお書き添えください。

ご予約はこちらから

お問い合せ:03-6821-6821(担当:駒井)


ドキュメンタリー制作上映ワークショップ第6期は8/27より開催です。お申込みはこちら


2013-05-21 更新

第29期【2013年7月11日~2013年12月26日】配給サポート・ワークショップ

映画の配給はこんなに楽しい!
多様な世界の価値観を伝えるアート系映画配給の今を知る!!


_P1350461_edited-1.jpg

映画の配給宣伝、特に外国映画を配給宣伝する事は映画を通じて他文化の価値観を知り伝える面白い仕事です。インターネット時代に世界の事を知るすべはいくつもありますが、映画というメディアは、人の心の内や、言葉にできない感情を描き、複雑で不可解な事象で成り立っている現実をキャプチャできる一番のメディアだと思います。このワークショップでは、そのような映画を何処でどうやって見つけ、買付け、契約をするのか。そしてどのような宣伝をして観客にみてもらい、全国の映画館で上映するのか。また映画館での上映後、DVDやテレビ、インターネットで配給会社はどのようなビジネスを行っているのかなど、具体的にアップリンクで配給する作品をケーススタディとしてワークショップを行います。映画業界に興味のある方、スクリーンの裏側を知りたい方、映像ビジネスに関わっている方、映画関係の仕事に就きたい学生の方などの参加をお待ちしています。
浅井隆(アップリンク社長)

[写真:27期講座より、フラッグ久保浩章氏をゲストに迎えて]

映画の買付価格のほか、DVDの売上、興行成績等をできるだけオープンにして、数字から見えてくる現在の日本映画業界の現状を、参加者の皆さんと共に考えたいと思います。映画配給の裏側を具体的に知ることができ、映画業界への就職・転職の参考になるはずです。

【webDICE】アップリンク主催の配給ワークショップから生まれた"北欧映画"の祭典『トーキョーノーザンライツフェスティバル 2012』 (2011-01-23)



HSW28_GATTAI.jpg

アップリンク配給作品

【左上】......『わたしはロランス』(監督:グザヴィエ・ドラン)©Shayne Laverdiere. 2013年配給作品
【右上】......『巴里に濡れた花』(監督:ロウ・イエ)2013年配給作品
【左下】......『タリウム少女の毒殺日記』(監督:土屋 豊)©W-TV OFFICE 2013年配給作品
【右下】......『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』(監督:ファラー・カーン)2013年配給作品

概要

■期間:2013年7月11日~2013年12月26日(隔週木曜日、20:00~22:00、全12回+懇親会 事前告知による日程変更あり)
■会場:UPLINK FACTORY(東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル2F)
■定員:35名(年齢・経験は問いません)定員に達し次第、募集を締め切ります
■参加料:
 現金 60,000円
 または、クレジット 63,000円(一括・分割・リボ払い ※分割・リボ払いは後からご自身で設定してください)
■ナビゲーター:浅井隆(アップリンク社長) ※ゲスト講師回あり

特典

■アップリンクで上映している映画を6ヵ月間自由に鑑賞できるパスポート(イベント開催時を除く)
■ワークショップ期間中のアップリンク配給作品のマスコミ試写状各1枚
■ワークショップ期間中の劇場公開作品パンフレット各1冊
■アップリンク作品のDVD4タイトル、アップリンク出版の書籍2冊進呈
■アップリンク発売のDVD30%特別割引販売

カリキュラム内容

■映画祭とは、マーケットとは?
■契約の条件とは? いくらで映画が買えるのか?
■映倫とは? いわゆるボカシとは?
■翻訳はどうやって行われるのか?
■どのように映画の上映館を決定するのか?
■宣伝費はいくらかけるのか?
■試写会は誰に観てもらうのか、その効果は?
■ポスター・チラシのデザインはどのように決めていくのか?
■映画館での実際の興行の数字は?
■DVD販売の実数は?
■インターネットでの動画配信はビジネスとして成り立つのか?
■アート・フィルム配給に未来はあるのか?


お申込み

■受講希望の方は、氏名・電話番号を明記の上、メールにてお申し込みください。
・申し込みメールアドレス:hsw@uplink.co.jp
※お申込み締切は7/7(日)です!
追加募集中です。


無料説明会

■最初から申し込むには不安がある、という方のために、無料のワークショップ説明会を開催します。
予約も不要ですので、お気軽にご参加ください。

・日時:
2013年6月20日(木)19:00-20:00
2013年6月27日(木)19:00-20:00
2013年7月4日(木)20:30-21:30

※終了しました

・会場:UPLINK ROOM(東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル2F)


お問い合わせ:TEL.03-6821-6821 hsw@uplink.co.jp
担当:鈴木


2013-03-21 更新

第6期【2013年8月27日~2014年1月】ドキュメンタリー制作上映ワークショップ

WS_P1340527.jpg

「ドキュメンタリー制作上映ワークショップ」

このワークショップはドキュメンタリー映画を企画し、制作し最後に上映する迄をサポートするものです。極論を言えば、全ての映画はドキュメンタリーという事ができます。俳優が演じているその時間を捉えるカメラは現実をドキュメントしているとも言えるからです。従って内容はドキュメンタリーといっても自由です。初めてカメラを触る人からプロとして映像制作に関わっている人までが参加しています。通常の映画学校とは逆の方法でワークショップを行います。まず何を撮りたいのか、そのことを突き詰めます。撮影技術は後回しです。映像制作の技術が無い人は企画と平行して撮影技術を会得すればいいし、技術のあるスタッフと仕事をすればいいというスタンスです。まず自分が何に興味があり、何を人に伝えたいのか、その事を大切にし、自分で確認する事から始めるワークショップです。自分にしかできない映像表現を追求する方をお待ちしています。

※当ワークショップではナビゲーターによる撮影・編集技術の指導は行いませんので、あらかじめご了承ください。技術系ワークショップは番外編として随時開催中です、併せてご利用ください。

[写真:ドキュメンタリー制作上映ワークショップの様子]



概要

■期間:2013年8月27日~2014年1月[隔週火曜日、全10回]
■時間:19:00~21:30(事前告知による日程変更あり)
■会場:渋谷UPLINK(東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル)
■参加料:現金 36,000円/クレジット 38,000円(一括のみ ※分割・リボ払いは後からご自身で設定してください)
■ナビゲーター:浅井隆(アップリンク主宰)


特典

■受講中アップリンク・ファクトリー、X、ROOMでの映画上映を自由に鑑賞できるパスポート(イベントは除く)進呈
■アップリンク作品のDVD2タイトル進呈
■アップリンク発売のDVD30%特別割引販売


お申込み

■受講希望の方は、必要事項をご記入のうえメールにてお申し込みください。
・必要事項
(1)名前
(2)フリガナ
(3)郵便番号
(4)住所
(5)電話番号
(6)学校名・勤務先
(7)支払い方法 現金 36,000円/クレジット 38,000円(一括のみ ※分割・リボ払いは後からご自身で設定してください)
(8)ビデオカメラを持っているか? YES/NO
(9)パソコンを持っているか? YES/NO
(10)使用しているソフト
(11)映像制作経験の有無
(12)ワークショップに期待する事
・申し込みメールアドレス:dmw@uplink.co.jp

締切:2013年8月25日(日)


無料説明会

■最初から申し込むには不安がある、という方のために、無料のワークショップ説明会を開催します。
予約も不要ですので、お気軽にご参加ください。

・日時:
8月6日(火)19:00-19:30 終了しました
8月20日(火)19:00-20:00 終了しました

・会場:UPLINK ROOM(東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル2F)


お問い合わせ:TEL.03-6821-6821 dmw@uplink.co.jp
担当:駒井


2013-03-19 更新

ドキュメンタリー制作上映ワークショップ番外編 【動画編集講座】5/21開催

ドキュメンタリー制作上映ワークショップ番外編
【動画編集講座】5/21開催!参加者募集中


2011年よりスタートしたアップリンクのドキュメンタリー制作上映ワークショップは、ドキュメンタリー制作においてまず何を撮りたいのか、その考え方を突き詰める場として行なってきましたが、ご要望にお応えして、ビキナー向けの技術に特化したワークショップを番外編として開催いたします。動画編集ソフト・ファイナルカットでの編集におけるコツをレクチャー、参加者の動画編集途中の質問にも答えます。

この回に限り、一般の方のご参加も受け付けます。この機会に、編集スキルを磨いてみませんか。

ナビゲーターには、2012年自主長編『カントリーガール』がユーロスペースで公開された小林達夫監督をお迎えいたします。小林監督はご自身で制作を続け、長編の自主公開、Web映像制作や音楽ドキュメントなどの活動もされていますので、編集以外の、撮影・自主上映に関するご質問もお待ちしています。

予約方法はこちら


kobatashi.jpg

■小林達夫監督 プロフィール
1985年 京都出身。
2007年 短編「少年と町」で京都国際学生映画祭グランプリを受賞。
2008年「ZAZEN BOYSアルバムメイキングドキュメント」(Music On! TV)ディレクター。
2010年 自主長編『カントリーガール』監督(脚本:渡辺あや)。京都シネマ(京都)、ユーロスペース(東京)で公開。
最新作は短編『カサブランカの探偵』。平成25年度京都市芸術文化特別奨励者。



ドキュメンタリー制作上映ワークショップ番外編【動画編集講座】
日程:2013年5月21日(火)19:00~20:30
会場:UPLINK FACTORY(1F)
東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル
受講料:1,500円
使用ソフト:Final Cut Pro 7.0.3(MAC)

※当ワークショップでの機材・カメラの貸出は行なっておりません。皆さんが普段ご使用のノート型のパソコンをお持ち込みください。編集途中の動画をお持ちの方もメモリ、DVDなどでご持参ください。
※ワークショップはMAC OSのファイナルカットVer.7.0.3を基本に行います。他のバージョンやソフトおよびWindowをご使用の方、機材をお持ちでない方は、ご予約の際にお書き添えください。

ご予約はこちらから

お問い合せ:03-6821-6821(担当:駒井)


ドキュメンタリー制作上映ワークショップ第6期は8月より開催です。お申込みはこちら


2013-03-11 更新

映画とフィルムの歴史を知る!ヨコシネ見学ツアー開催

R0020572.JPG

アップリンク・ドキュメンタリー制作上映ワークショップ主催
ヨコシネ見学ツアー開催!!

アップリンクがドキュメンタリー映画制作の考え方を知る場として2011年より行なっている「ドキュメンタリー制作上映ワークショップ」がこのたび、フィルムの現像やポスト・プロダクションをおこなっている会社・株式会社ヨコシネ ディー アイ エーの横浜映像センター見学ツアーを行うことになりました。生のフィルムを現像する工程から始まり、現在であればファイナル・カットで数秒でできる合成処理を アナログでおこなっていたという機械、また戦前の機械など、貴重な設備の数々を見ることができます。

参加は無料です(3月19日よりスタートするドキュメンタリー制作上映ワークショップ第5期受講の方を優先させていただきます)。
映画とフィルムの歴史に触れることのできるこの機会、ぜひご参加ください。

なお、当日は見学会の後、アップリンク配給、デジタル化に伴う映画の未来について迫るドキュメンタリー映画『サイド・バイ・サイド:フィルムからデジタルシネマへ』を、会場のヨコシネで上映予定です。

[写真:ヨコシネ ディー アイ エー横浜映像センター]


【概要】
日時:2013年3月26日(火)13:00~15:00
会場:株式会社ヨコシネ ディー アイ エー 横浜映像センター
(横浜市神奈川区栗田谷15-11)[東急東横線・反町駅下車]
http://www.yokocine.com/
定員:15名(ワークショップ受講希望の方を優先し、応募多数の場合は抽選とさせていただきます)
料金:無料    

【応募方法】
下記応募要項をご記入のうえ、
メールにてお申込みください。

(1)名前
(2)フリガナ
(3)郵便番号
(4)住所
(5)電話番号
(6)メールアドレス
(7)ご応募の理由

ドキュメンタリー制作上映ワークショップ5期(2013年3月19日~より開講)
受講の方は、ご応募の際に、「ヨコシネ見学ツアー希望」とお書き添えください。

宛先:dmw@uplink.co.jp

締切:2013年3月17日(日)
応募多数の場合は抽選とさせていただきます。
※申込みは締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。

当日の集合時間やタイムテーブルは、
参加の方に直接ご連絡差し上げます。


お問い合わせ:TEL 03-6821-6821 dmw@uplink.co.jp(担当:駒井)


2012-11-30 更新

ドキュメンタリー制作上映ワークショップ番外編 【動画編集講座】1/15開催

ドキュメンタリー制作上映ワークショップ番外編
【動画編集講座】1/15開催!参加者募集中


2011年よりスタートしたアップリンクのドキュメンタリー制作上映ワークショップは、ドキュメンタリー制作においてまず何を撮りたいのか、その考え方を突き詰める場として行なってきましたが、ご要望にお応えして、ビキナー向けの技術に特化したワークショップを番外編として開催いたします。好評を博した2012年6、9月の開催に続き、動画編集ソフト・ファイナルカットでの編集におけるコツをレクチャー、参加者の動画編集途中の質問にも答えます。

この回に限り、一般の方のご参加も受け付けます(ドキュメンタリー制作上映ワークショップの第5期は2013年3月より開催いたします)。この機会に、編集スキルを磨いてみませんか。

ナビゲーターには、今春自主長編『カントリーガール』がユーロスペースで公開された小林達夫監督をお迎えいたします。小林監督はご自身で制作を続け、長編の自主公開、Web映像制作や音楽ドキュメントなどの活動もされていますので、編集以外の、撮影・自主上映に関するご質問もお待ちしています。

予約方法はこちら


kobatashi.jpg

■小林達夫監督 プロフィール
1985年京都出身。
2007年 短編『少年と町』で京都国際学生映画祭グランプリ。
Nippon Connection(ドイツ)、 Seoul International Youth Film Festival(韓国)に正式出品。
2008年『ZAZEN BOYSアルバムメイキングドキュメント』(Music On!TVでO.A.)ディレクター。
2010年 自主長編『カントリーガール』監督(脚本:渡辺あや)。ジョナス・メカスが主宰するアンソロジー・フィルム・アーカイブ(ニューヨーク)での上映を皮切りに、パリ日本文化会館(パリ)での関西映画特集、京都シネマ(京都)、ユーロスペース(東京)で公開。
現在は、再び京都を舞台とした長編映画の準備中。

『カントリーガール』公式HP:
http://www.countrygirl-movie.com


ドキュメンタリー制作上映ワークショップ番外編【動画編集講座】
日程:2013年1月15日(火)19:00~20:30
会場:UPLINK ROOM(2F)
東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル2F
受講料:1,500円
使用ソフト:Final Cut(MAC)
定員:20名

※当ワークショップでの機材・カメラの貸出は行なっておりません。皆さんが普段ご使用のノート型のパソコンをお持ち込みください。編集途中の動画をお持ちの方もメモリ、DVDなどでご持参ください。
※ワークショップはMAC OSのファイナルカットを基本に行います。他のソフトおよびWindowをご使用の方は、機材をお持ちでない方は、ご予約の際にお書き添えください。


お問い合せ:03-6821-6821(担当:駒井)


2012-11-18 更新

第28期【2013年1~6月】配給サポート・ワークショップ

映画の配給はこんなに楽しい!
多様な世界の価値観を伝えるアート系映画配給の今後を学べる!!

スターサンズ佐藤さん_edited-280.jpg

映画の配給宣伝、特に外国映画を配給宣伝する事は映画を通じて他文化の価値観を知り伝える面白い仕事です。インターネット時代に世界の事を知るすべはいくつもありますが、映画というメディアは、人の心の内や、言葉にできない感情を描き、複雑で不可解な事象で成り立っている現実をキャプチャできる一番のメディアだと思います。このワークショップでは、そのような映画を何処でどうやって見つけ、買付け、契約をするのか。そしてどのような宣伝をして観客にみてもらい、全国の映画館で上映するのか。また映画館での上映後、DVDやテレビ、インターネットで配給会社はどのようなビジネスを行っているのかなど、具体的にアップリンクで配給する作品をケーススタディとしてワークショップを行います。映画業界に興味のある方、スクリーンの裏側を知りたい方、映像ビジネスに関わっている方、映画関係の仕事に就きたい学生の方などの参加をお待ちしています。
浅井隆(アップリンク社長)

[写真:27期講座より、スターサンズの佐藤順子さんをゲストに迎えて]

映画の買付価格のほか、DVDの売上、興行成績等をできるだけオープンにして、数字から見えてくる現在の日本映画業界の現状を、参加者の皆さんと共に考えたいと思います。映画配給の裏側を具体的に知ることができ、映画業界への就職・転職の参考になるはずです。

【webDICE】アップリンク主催の配給ワークショップから生まれた"北欧映画"の祭典『トーキョーノーザンライツフェスティバル 2012』 (2011-01-23)


HSW28_GATTAI.jpg

アップリンク近日配給作品

【左上】......『ロランス・エニウェイズ(仮題)』(監督:グザヴィエ・ドラン)©Shayne Laverdiere. 2013年配給作品
【右上】......『『花(仮題)』(監督:ロウ・イエ)2013年配給作品
【左下】......『タリウム少女の毒殺日記』(監督:土屋 豊)©W-TV OFFICE 2013年配給作品
【右下】......『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』(監督:ファラー・カーン)2013年配給作品

概要

■期間:2013年1月10日~2013年6月(隔週木曜日、20:00~22:00、全12回+懇親会 事前告知による日程変更あり)
■会場:UPLINK ROOM(東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル2F)
■定員:35名(年齢・経験は問いません)定員に達し次第、募集を締め切ります
■参加料:
 現金 60,000円
 または、クレジット 63,000円(一括・分割・リボ払い ※分割・リボ払いは後からご自身で設定してください)
■ナビゲーター:浅井隆(アップリンク社長) ※ゲスト講師回あり

特典

■アップリンクで上映している映画を6ヵ月間自由に鑑賞できるパスポート(イベント開催時を除く)
■ワークショップ期間中のアップリンク配給作品のマスコミ試写状各1枚
■ワークショップ期間中の劇場公開作品パンフレット各1冊
■アップリンク作品のDVD4タイトル、アップリンク出版の書籍2冊進呈
■アップリンク発売のDVD30%特別割引販売

カリキュラム内容

■映画祭とは、マーケットとは?
■契約の条件とは? いくらで映画が買えるのか?
■映倫とは? いわゆるボカシとは?
■翻訳はどうやって行われるのか?
■どのように映画の上映館を決定するのか?
■宣伝費はいくらかけるのか?
■試写会は誰に観てもらうのか、その効果は?
■ポスター・チラシのデザインはどのように決めていくのか?
■映画館での実際の興行の数字は?
■DVD販売の実数は?
■インターネットでの動画配信はビジネスとして成り立つのか?
■アート・フィルム配給に未来はあるのか?


お申込み

■受講希望の方は、氏名・電話番号を明記の上、メールにてお申し込みください。
・申し込みメールアドレス:hsw@uplink.co.jp
※お申込み締切は1/8(火)です!


無料説明会

■最初から申し込むには不安がある、という方のために、無料のワークショップ説明会を開催します。
 予約も不要ですので、お気軽にご参加ください。

・日時:
 2012年12月13日(木)19:30-20:30
 2012年12月20日(木)19:30-20:30
 2013年1月7日(月)19:30-20:30

・会場:UPLINK ROOM(東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル2F)


お問い合わせ:TEL.03-6821-6821 hsw@uplink.co.jp
担当:駒井


2012-11-06 更新

第5期【2013年3月19日~8月】ドキュメンタリー制作上映ワークショップ

gattai5ki_edited-1.jpg

「ドキュメンタリー制作上映ワークショップ」

このワークショップはドキュメンタリー映画を企画し、制作し最後に上映する迄をサポートするものです。極論を言えば、全ての映画はドキュメンタリーという事ができます、俳優が演じているその時間を捉えるカメラは現実をドキュメントしているとも言えるからです。従って内容はドキュメンタリーといっても自由です。初めてカメラを触る人からプロとして映像制作に関わっている人までが参加しています。通常の映画学校とは逆の方法でワークショップを行います。まず何を撮りたいのか、そのことを突き詰めます、撮影技術は後回しです。映像制作の技術が無い人は企画と平行して撮影技術を会得すればいいし、技術のあるスタッフと仕事をすればいいというスタンスです。まず自分が何に興味があり、何を人に伝えたいのか、その事を大切にし、自分で確認する事から始めるワークショップです。自分にしかできない映像表現を追求する方をお待ちしています。

※当ワークショップではナビゲーターによる撮影・編集技術の指導は行いませんので、あらかじめご了承ください。

写真[左→右]: 2013年1月配給作品『アルマジロ』(監督:ヤヌス・メッツ) 2013年5月配給作品『ふたりのイームズ:建築家チャールズと画家レイ』 (監督:ジェイソン・コーン、ビル・ジャージー) 2013年6月配給作品『世界が食べられなくなる日』(監督:ジャン=ポール・ジョー) 2013年配給作品『ノー・コメント by ゲンスブール』[仮](監督:ピエール・アンリ・サルファティ)



概要

■期間:2013年3月19日~2013年8月[隔週火曜日、10回]
■時間:19:00~21:30(事前告知による日程変更あり)
■会場:UPLINK ROOM(東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル2F)
■定員:最少随行人数6名 [※2/20追記]応募が6名を超えましたので、予定通り開催いたします。
■参加料:現金 36,000円/クレジット 38,000円(一括のみ ※分割・リボ払いは後からご自身で設定してください)
■ナビゲーター:浅井隆(アップリンク主宰)


特典

■受講中アップリンク・ファクトリー、X、ROOMでの映画上映を自由に鑑賞できるパスポート(イベントは除く)進呈
■アップリンク作品のDVD2タイトル進呈
■アップリンク発売のDVD30%特別割引販売


お申込み

■受講希望の方は、必要事項をご記入のうえメールにてお申し込みください。
・必要事項
(1)名前
(2)フリガナ
(3)郵便番号
(4)住所
(5)電話番号
(6)学校名・勤務先
(7)支払い方法 現金 36,000円/クレジット 38,000円(一括のみ ※分割・リボ払いは後からご自身で設定してください)
(8)ビデオカメラを持っているか? YES/NO
(9)パソコンを持っているか? YES/NO
(10)使用しているソフト
(11)映像制作経験の有無
(12)ワークショップに期待する事
(13)3/26のヨコシネ見学会[下記をご参照ください]への参加/不参加
・申し込みメールアドレス:dmw@uplink.co.jp

締切:2013年3月17日(日) ※5期のお申込みは締め切りました。


無料説明会

■最初から申し込むには不安がある、という方のために、無料のワークショップ説明会を開催します。
予約も不要ですので、お気軽にご参加ください。

・日時:
2013年2月26日(火)19:00-19:30 終了しました
2013年3月12日(火)19:00-19:30 終了しました

・会場:UPLINK ROOM(東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル2F)



アップリンク・ドキュメンタリー制作上映ワークショップ主催
ヨコシネ見学ツアー開催決定!!

R0020572.JPG

アップリンクがドキュメンタリー映画制作の考え方を知る場として2011年より行なっている「ドキュメンタリー制作上映ワークショップ」がこのたび、フィルムの現像やポスト・プロダクションをおこなっている会社・株式会社ヨコシネ ディー アイ エーの横浜映像センター見学ツアーを行うことになりました。生のフィルムを現像する工程から始まり、現在であればファイナル・カットで数秒でできる合成処理を アナログでおこなっていたという機械、また戦前の機械など、貴重な設備の数々を見ることができます。

参加は無料ですが、3月19日(火)よりスタートするドキュメンタリー制作上映ワークショップ第5期受講の方を優先させていただきます。
映画の歴史に触れることのできるこの機会、ぜひご参加ください。

なお、当日はアップリンク配給、デジタル化に伴う映画の未来について迫るドキュメンタリー映画『サイド・バイ・サイド:フィルムからデジタルシネマへ』を、会場のヨコシネで上映予定です。


【概要】
日時:2013年3月26日(火)13:00~15:00
会場:株式会社ヨコシネ ディー アイ エー 横浜映像センター(横浜市神奈川区栗田谷15-11)[東急東横線・反町駅下車]
定員:15名(ワークショップ受講希望の方を優先し、応募多数の場合は抽選とさせていただきます)
料金:無料    

【応募方法】
ドキュメンタリー制作上映ワークショップ5期(2013年3月19日~8月、隔週火曜日開催、計10回)
ご応募の際に、「ヨコシネ見学ツアー希望」とお書き添えください。
dmw@uplink.co.jp
締切:2013年3月17日(日) 
応募多数の場合は抽選とさせていただきます。
※申込みは締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。


当日の集合時間やタイムテーブルは、
参加の方に直接ご連絡差し上げます。


〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル4F 担当:駒井
お問い合わせ:TEL 03-6821-6821 dmw@uplink.co.jp


2012-09-14 更新

第4期【2012年10月~2013年3月】ドキュメンタリー制作上映ワークショップ

DSC08235.JPG


「ドキュメンタリー制作上映ワークショップ」

このワークショップはドキュメンタリー映画を企画し、制作し最後に上映する迄をサポートするものです。極論を言えば、全ての映画はドキュメンタリーという事ができます、俳優が演じているその時間を捉えるカメラは現実をドキュメントしているとも言えるからです。従って内容はドキュメンタリーといっても自由です。初めてカメラを触る人からプロとして映像制作に関わっている人までが参加しています。通常の映画学校とは逆の方法でワークショップを行います。まず何を撮りたいのか、そのことを突き詰めます、撮影技術は後回しです。映像制作の技術が無い人は企画と平行して撮影技術を会得すればいいし、技術のあるスタッフと仕事をすればいいというスタンスです。まず自分が何に興味があり、何を人に伝えたいのか、その事を大切にし、自分で確認する事から始めるワークショップです。自分にしかできない映像表現を追求する方をお待ちしています。

※当ワークショップではナビゲーターによる撮影・編集技術の指導は行いませんので、あらかじめご了承ください。

写真:ドキュメンタリー制作上映ワークショップ プレゼンテーションの回の様子



概要

■期間:2012年10月23日~2013年3月[隔週火曜日、10回 ※11月のみ11/13(火)11/21(水)開催 *チラシ記載の日程と変更になりましたのでご了承ください]
■時間:19:00~21:30(事前告知による日程変更あり)
■会場:UPLINK ROOM(東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル2F)
■定員:最少随行人数6名(6名に達しなかった場合ワークショップは行いません)
■参加料:現金 36,000円/クレジット 38,000円(一括のみ ※分割・リボ払いは後からご自身で設定してください)
■ナビゲーター:浅井隆(アップリンク主宰)


特典

■受講中アップリンク・ファクトリー、X、ROOMでの映画上映を自由に鑑賞できるパスポート(イベントは除く)進呈
■アップリンク作品のDVD2タイトル進呈
■アップリンク発売のDVD30%特別割引販売


お申込み

■受講希望の方は、必要事項をご記入のうえメールにてお申し込みください。
・必要事項
(1)名前
(2)フリガナ
(3)郵便番号
(4)住所
(5)お電話番号
(6)学校名・勤務先
(7)支払い方法 現金 36,000円/クレジット 38,000円(一括のみ ※分割・リボ払いは後からご自身で設定してください)
(8)ビデオカメラを持っているか? YES/NO
(9)パソコンを持っているか? YES/NO
(10)使用しているソフト
(11)映像制作経験の有無
(12)ワークショップに期待する事
・申し込みメールアドレス:dmw@uplink.co.jp

締切:2012年10月21日(日)


無料説明会

■最初から申し込むには不安がある、という方のために、無料のワークショップ説明会を開催します。
予約も不要ですので、お気軽にご参加ください。

・日時:
2012年10月11日(木)19:00-19:30(当初の予定より変更になりました)
2012年10月16日(火)19:00-19:30

・会場:UPLINK ROOM(東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル2F)


〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル4F 担当:駒井
お問い合わせ:TEL 03-6821-6821 dmw@uplink.co.jp


2012-08-15 更新

デジタル・ムービーワークショップ 受講者の声

第22期参加者の声 小峰さん

komine.JPG

他の参加者の皆さんが普段の生活では出会わないような方々で刺激になって面白いです。前から映画が好きで作りたいなと思っていましたが、このワークショップが背中を押してくれました。



第19期受講者の声 Hさん(WEB映像編集)

hsan.jpg

課題などで好きな映像をYoutubeにどんどんアップするために、もともと収集していた"こけし"を撮りました。そこで「"こけし"が好きな自分」を再発見!大好きな"こけし"と映像を組み合わせた"何か"を作る意欲が湧きました!



第19期受講者の声 工藤さん(建築関係)

kudo2.jpg

2回目の参加です。1回目で自分のやりたい企画を発表し、今期では絵コンテをイメージ映像に起こしました。参加者の意見や浅井さんのプロデューサー的見方を咀嚼し、時間をかけてもこの作品を完成させ、コンペ等への応募も視野に入れていきたいと思います。



2012-08-15 更新

配給サポート・ワークショップ 受講者の声

第19期受講者の声 寺島雪さん(学生)

terashima.jpg

配給サポート・ワークショップに参加しての一番の特典は、海外の映画祭に同行させて頂いた事でした。
私は11月にデンマークで開催されたコペンハーゲンドキュメンタリー映画祭に行くことができたのですが、現地では監督やプロデューサー、映画祭スタッフ等様々な形で映画に関わる人たちの交流の場に参加したり、作品の買い付け交渉を目の当たりにしたりと、とても良い経験をさせていただきました。他にも、すでに買い付けた作品の宣伝展開など、映画がスクリーンで上映されるまでの過程を誰もが生で勉強できる点は、他にはないこのワークショップの醍醐味だと思います。



第18、19期受講者の声 笠原貞徳さん(WEBデザイナー)

sasahara.jpg

第18期、第19期と二期続けて参加させていただきました。
1月にオランダで開催された『ロッテルダム映画祭』では、映画買付とリサーチの現場に同行させていただき、とても貴重な体験をさせてもらいました。
また、私自身WEBデザインのプロダクション経営していまして、『消えたフェルメールを探して/絵画探偵ハロルド・スミス』や『サーチャーズ2.0』等の公式サイトの制作のお仕事も発注いただき、机上の講義だけでなく、実際の映画宣伝のお仕事をお手伝いさせていたています。
映画業界を目指す学生から、映画配給会社、映画館、また実際の製作に関わる方など様々な方と共に学ばせていただくことで、、講義以外でも映画的な活動の足がかりとさせていただいています。
第20期も、ぜひ参加させていただきたいと思っておりますので、また様々な方々と出会えることを楽しみにしています。



第19期受講者の声 古井万紀子さん(学生)

furui.jpg

現場で映画を作られたものを劇場でみるまでにどのようにして映画がとどけられているのか知りたくて参加しました。
HSWはただ話しを聞くだけの講義でなく、ここでは、受講者の意見などから話が進んでいったする生の声を大切にされてこその人の心をつかむのだという映画配給と日々映画業界の細かな情勢を知ることができ、それでいてアットホームで楽しい時間です。



2012-08-15 更新

過去の「デジタル・ムービーワークショップ」ゲスト講師

「デジタル・ムービーワークショップ」は
「クリエイターズ・ワークショップ」として生まれ変わりました。

★第1期 ドキュメンタリー制作上映ワークショップ (2011年7月28日(木)~ )


2010年度冬季コース

亀井岳(映画監督/『チャンドマニ ~モンゴル ホーミーの源流へ~』)
山口崇司(映像作家、d.v.d)
池田千尋(映画監督/『東南角部屋二階の女』)

2009年度夏季コース

前田弘二(映画監督/『遊泳禁止区域』)
児玉裕一(映像ディレクター/『UNIQLOCK』CM、『I MY ME MINE』PV)
ワークショップ番外編(ワークショップ参加者が優先的に無料で参加できる講義)ゲスト
石井裕也(映画監督/『ガール・スパークス』)
藤谷治(小説家/『船に乗れ!』)

2008年度夏季コース

村上賢司(映画監督/『森達也の「ドキュメンタリーは嘘をつく」』)
児玉徹郎(アニメーション作家/『ホームアスロン(東京オンリーピック)』)
真島理一郎(CG作家/『スキージャンプ・ペア』)
筧昌也(映画監督/『Sweet Rain 死神の精度』)
天久聖一(マンガ家・映像作家/『モノノケダンス』PV)
中村高寛(映画監督/『ヨコハマメリー』)

2007年度冬季コース

ロマのフ比嘉(アニメーション作家/『URDA』)
御法川修(映画監督/『世界はときどき美しい』)

2006年度冬季コース

加藤治代(映画監督/『チーズとうじ虫』)

2006年度夏期コース

こぐまあつこ(クレイアニメ作家/『クレイアニメ 太鼓の達人』)
シューリー・チェン(映画監督/『I.K.U.』)
古居みずえ(映画監督/『ガーダ -パレスチナの詩-』)
タケイグッドマン(映像アーティスト/Wiz entertainment代表)
中ザワヒデキ(美術家)
うるまでるび(アーティスト/『おしりかじり虫』)
山岡信貴(映画監督/『天然性侵略と模造愛』)

2005年度冬期コース

大森立嗣(映画監督/『ゲルマニウムの夜』)
サエキけんぞう(ミュージシャン)
吉野眞弘(株式会社メディア総合研究所代表取締役社長)
藤井謙二郎(映画監督/『≒森山大道』)
鴻池朋子(現代美術家)
手塚眞映画監督/『ブラック・キス』)

2005年度秋期コース

高橋泉(映画監督/『ある朝スウプは』)
木下雄介(映画監督/『水の花』)
山口雄大(『地獄甲子園』)
綿井健陽(ジャーナリスト/『Litttle Rirds イラク 戦火の家族たち』)

2005年度春期コース

荻上直子(映画監督/『かもめ食堂』)
早田英志(映画監督/『エメラルド・カウボーイ』)
吉江敏行(映像プロデューサー)
山本遊子(映像作家/『美ら島紀行』)
佐野研二郎(アートディレクター)

2004年度冬期コース

森達也(映画監督/『A』『A2』)
山田広野(活弁映画監督/『バサラ人間』)
タナカカツキ(マンガ家/映像作家)
宇川直宏(グラフィックデザイナー/映像作家/VJ)
足立正生(映画監督/『幽閉者 テロリスト』)
辻川幸一郎(映像作家/PVディレクター)

2004年度夏期コース

村上賢司(映画監督/『ALLDAYS 二丁目の朝日』 )
奥秀太郎(映画監督/『カインの末裔』)
冨永昌敬(映画監督/『パビリオン山椒魚』)
生西康典(アート・ディレクター)

2004年度春期コース

瀬々敬久(映画監督/『DOG STAR』)
山下敦弘(映画監督/『天然コケッコー』)
鈴木卓爾(映画監督/俳優『パルコ フィクション』)
伊藤桂司(アートディレクター/イラストレイター)
柴田大輔(CMディレクター)
清水寛子(アーティスト)

2003年度秋期コース

高橋洋(脚本家/映画監督/『呪怨』)
辛酸なめ子(マンガ家/コラムニスト)
手塚眞(映画監督/『ブラック・キス』)
ローランド・ハーゲンバーグ(ライター/映像作家/『sur/FACE14人の現代建築家たち』)
クラリッサ・カ-ル・ノイベルト(映像作家/『sur/ FACE14人の現代建築家たち』)
内野敦史(映像作家/『DROPPIN' LYRICS』)

2003年度夏期コース

田中秀幸(映像デザイナー/株式会社フレイムグラフィックス代表)
矢崎仁司(映画監督/『ストロベリーショートケイクス』)
河瀬直美(映画監督/『殯の森』)
行定勲(映画監督/『世界の中心で、愛をさけぶ』)
大友良英(ギタリスト、ターンテーブル奏者)
魚喃キリコ(マンガ家/『blue』)
土屋豊(映画監督/『新しい神様』)

2002年度夏期コース

サイモン・フィッシャー・ターナー(ミュージシャン)
高木正勝(ミュージシャン/映像作家)
黒坂圭太(アニメーション作家)
山本直樹(マンガ家/『レッド』)
大友良英(ギタリスト、ターンテーブル奏者)
オノセイゲン(作曲家/録音プロデューサー)
テーリ・テムリッツ(ミュージシャン)
minamo(ミュージシャン)

2000年度春期コース

寺井弘典(クリエイティブディレクター/プロデューサー)
堤幸彦(映画監督/『自虐の詩』)
デヴィッド・ディヒーリ(映像作家/2dk代表)
土屋豊(映画監督/『新しい神様』)
丹下紘希(PVディレクター/イエローブレイン代表)

1999年度夏期コース

田中秀幸(映像デザイナー/株式会社フレイムグラフィックス代表)
谷田一郎(CMディレクター)
村松正浩(映画監督/『シンク』)
竹内鉄郎(PVディレクター/映画監督/『WILD ZERO』)
高嶺剛(映画監督/『パラダイス・ビュー』)